NY・アンバサダー劇場公演「シカゴ」

先週NYへ行ってました。

こう書くとかなりカッコいいですが(^^;)、もちろん理由あってのことで、たった3泊の旅でしたが、かなりエキサイティングな経験をしてきました。

道中のことは「うさぎや日記」に書くとして、ここではやっぱりエンターテーメント。

この旅でのメインは取り合えずメトロポリタン・オペラと思ってましたが、期せずして一番アメリカの底力を見ちゃったのが、やっぱりミュージカルでした。

観てきたのはアンバサダー劇場でロングランしている「シカゴ」。
e0022232_15352333.jpg


日本でも何回も上演され、今も米倉涼子や河村隆一などで上演されていますよね。
もしかしてご覧になった方もいらっしゃるかも。

古くは草笛光子さんや鳳蘭さんなんかも出演してらっしゃって、映画にもなったから、結構馴染みのある話。

しかし、やっぱりすごい!

何がすごいって、出演者の実力と層の厚さ、それにバンドのうまさ、演出云々とかよりも、そこに圧倒されました。

「上手い」なんて、今更どうかと言う感想ですけど、それ以外に言いようが無いんですよ。本当に。

皆さんも御存知だと思いますが、ブロードウエイで年間上演される舞台は、オフも含めて、50弱。
今手元にあるPlayBillという情報誌でも47公演あります。

それぞれに20人出演者がいたとしても、たったの100人しか舞台に乗れない。
50人いても、250人。100人いても5000人。

5000人なら凄いって思います?

いや~、一回公演を観たら、それこそぞっとします。

その5000人は、相当なレベルを持った5000人だからです。

つまり、もし、それだけの人数が毎回乗れているとしたら、それだけのレベルか、それ以上のレベルの人間が、どれだけNYに集まってきているかと言うことなんですよ。

この公演数は、オン・オフ両方合わせた数ですから、当然、載れる人数はもっと少ないわけで、その針の穴を目指して、すごい数の人が日夜レッスンに明け暮れて、オーディションに明け暮れているわけです。

舞台に乗ったからといって、安心は出来ません。
怪我や不評、いろんな問題は起きてきます。

その都度、自分以上のレベルを持った人間が、まるでくもの糸の囚人たちみたいに、足元にぶら下がっていると思ったら、恐ろしい以外に何ものでもない。

そういうことを現実として思わせられた公演だったんですね。

物語は単純です。
ロキシーというしがないコーラスガールが、浮気した恋人を射殺して刑務所に入れられる。
このままだと縛り首になるところを、マスコミに強い敏腕弁護士ビリーに頼んで、一躍スターにしてもらう。
実はロキシーが入る前に、ヴェルマと言うコーラスガールが、やはりビリーの手腕でマスコミの同情を買ってスタートして扱われていた。ロキシーはビリーの手はずでスターになっていくが、結局は裏切られ、出所したヴェルマと自分たちのショーを作るという話し。

アンバサダー劇場は古く、有名な劇場で、トニー賞を取った作品の常連宿です。
あんまり撮影できませんでしたが、どこかビクトリア時代の名残のような内装。シートも古くて暗い。
歌舞伎座のような雰囲気があります。
e0022232_15425835.jpg

e0022232_15431674.jpg

e0022232_15432851.jpg


座ったのは二階席でしたが、客席と舞台が本当に近い感じ。
マイクを使ってはいますが、息遣いが聴こえてきそうな感じでした。

舞台はシンプルなスクエアが一つ。
そこにバンドと指揮者が入っていて、役者はその四角い建物の外側に椅子を置いて座っています。

それぞれが黒いドレスやズボンで、役としての衣装などはつけません。
小道具も最低限。

NYですから、当然字幕も出るはずも無く当然台詞も英語でしたが、役者の発する言葉の感覚が本当に耳によく、充分理解できたし楽しめました。

圧巻はロキシーを演じたBianca Marroquinという人。

ラテン系のコケティッシュで明るい表情もさることながら、芝居の感が本当に鋭く、相手や状況がどんなに動いても、余すことなくキャッチして自分の台詞にかませていくと言う、コメディエンヌの才能120%です。もちろん、踊りも歌も最高レベル。

この振り付けと演出は、映画「オール・ザット・ジャズ」でおなじみの、ボブ・フォッシーです。

もう亡くなっていますが、トレードマークの山高帽と白い手袋はここでも健在。

一度振り付け家は変わっているようですが、それでも彼の振り付けは残したままです。

この人の特徴は、身体を背中の方に句の字に曲げたり、指先を泳がすように手首から左右に振ったりと、およそ人間の身体の流れとは別の方向に、柔らかく、しかも自然に動かしながら作られています。

私は大ファンで、ライザ・ミネリのパフォーマンスをTVなんかでやると、この振り付けが観たくてかぶりつき(笑)。

この振り付けを、ものすごく柔らかい身体で踊って見せてくれたのが、Biancaです。

驚きました。
本当に身体が柔らかく、かといって緩いのではなく、ダイナミックです。
誰よりも上手かった。

ああ~、ここでも「上手い」と言ってしまいますが、本当にそうなんですもん(^^;)

でも、日本では全く無名ですよね?
ジュリー・アンドリュースやライザ・ミネリみたいに名前が無い。

世界には映画と言うメディアで出て行かないとキャリアはまた別のもの。
そういえば、一時期、バーナデット・ピーターズという私の大好きな素晴らしいミュージカル女優が変なアメリカ映画に頻繁に出たりしてました。この人、ソンドハイムのパートナーですよ(^^;)

そう考えると、Biancaばりのレベルはいくらでもいるわけで、それでもたった一つのミュージカルに、何年かしか出られない。他の作品でまた当たるとは限らない。その層の厚さ、底の深さにぞっとしたって訳です。

「シカゴ」は到着した日に連れてってもらったのですが、月曜日で選択肢が限られていました。
劇場が休みなんです。

最初は「メリーポピンズ」に行こうと腰を上げたのですが、高いチケットしかなくて、貧乏旅行だった私にはしんどい。じゃあ、と言うことで有名なチケット格安販売所「tkts」で友人が見つけてくれたのが「シカゴ」。
しかも半額で6千円くらいで見れました。
e0022232_1615589.jpg


観てよかった~!

いきなりのショックではありましたが、こればかりは日本では体験できない感動でした。
さすがBroadway!

それにしても、売れないチケットをあっさりと半額にして、それでも客を入れる努力をすると言うこの商売根性。
それだけ映画やTVと同じ感覚で、ミュージカルや芝居を観に来る土壌があるとしても、基本は席を空けないというところに終始してる。はっきりしてるんです。「商業」に対してのモチベーションが。
e0022232_16161416.jpg

このお姉さんは「シカゴ」の呼び込み。

「シカゴ」はすでにピークを過ぎており、客足が落ちているそう。
だからこそ、半額で変えたんだけど、このお姉さんのパフォーマンスも面白かった。貢献してます。

今は日本のオペラ界も演劇界もかなり厳しいですが、基本的にアメリカは国の資本で劇場を運営していません。

寄付とかパトロンと言う制度が充実してますから成り立つことでもあるかもしれませんが、「商業」であり、「利益」を求めるということが、どれだけレベルを上げるかを目の当たりにしました。

メトロポリタン歌劇場であっても、「商業」として成り立たせるためにはかなりの努力をしてるんですよね。

実は、NYへの短期留学を考えていて、今回は下見と人に会うのが目的でした。

留学の目的はもちろんあったのですが漠然とそうありたいと思っているだけでした。
それが、たった一夜を体験しただけで、叶えたいと強く願えるエネルギーをもらってきました。
恐るべし・・・・・。

まだまだ観て着ましたよ!

次回はメトロポリタン歌劇場のレポートです!
お楽しみに~(^^)
e0022232_1664299.jpg

[PR]

by kuniko_maekawa | 2010-04-29 16:17 | 観劇日誌 | Comments(0)