発語すること

歌には普通歌詞がついています。オペラの場合は台本。リブレットといいますが、これを声にしてお客様に伝えるのが、歌い手の仕事です。もう一つ、歌い手の仕事は、それを演じて見せること。この二つがあいまって観て楽しむ、聴いて楽しむという舞台が出来るのですが、この二つのことが、実は一緒だと、感じている歌い手さんは、案外少ないです。もしかしたら、指揮者や、演出家にも、これを別だと感じている人が居るかもしれません。いや、居ます(笑)。どうしてこういうことを書いているかというと、今、私の関わっている研究生期間で、最終学年が修了公演に向けて、頑張っている最中です。その稽古の中で、歌うことと、芝居をすることが一緒にならずに、困った状況が起こっているからです。
通常、音楽稽古を終えて、立ち稽古に入ると、当然演出家は、段取りといって、動きの導線を伝えます。外側からコンセプトを説明していくのですね。それが大まかについてしまうと、内容を詰めることに入るわけですが、この時、芝居と歌を別に考えていると、オペラは成立しません。どういう事かといいますと、オペラはまず歌って言葉を伝えることが第一条件です。その言葉が伝わらないことには、作曲家の音楽も伝わりません。作曲家はこの場面のこのキャラクターに使いたい音のために、言葉を選ぶからです。例えば、「椿姫」の2幕でヴィオレッタが家財を売るという書類をジェルモンに渡します。その時、ジェルモンが驚いて「Ciel!」といいますが、驚いた時に発する言葉は、イタリア語にも一杯あるわけで、「Deh!」でも単純に「Ah!」でも「Che!」でも何でもいいわけです。しかし、ヴェルディは「Ciel」と言う音が欲しかったのだと思います。これが、歌い手が発語する意味です。ですから、内容を伝えることと同時に、やはり作曲家の音楽を伝えることになるわけです。そのための楽器として「声」が欲しかった。
ところが、大抵の演出家や、歌い手、もしかしたら、指揮者も、これを単なる台詞と解釈してしまいがちです。これが困ります。ですから、まず言葉を喋る位置が非常に自分に近いです。音として感じられないので、口の奥で発音してしまうのです。これでは、劇場に居るお客には届きません。それで動きや、表情を作れといわれる。とんでもありません。まず、ちゃんとした発語をしなければ、芝居など出来るわけがありません。「その言葉を、こういう感情で伝えたい」からブレスをして、歌う。その時、発語される言葉の位置は、自分より少なくとも、3メートルくらい舞台前です。そこに届く、息をして、歌わないと、言葉にエネルギーが無くなりますから、結局顔芝居になりますし、体も使われませんから、結局ふにゃふにゃの、意味のない身体で芝居をすることになります。いつも、私のレッスンで私が最初にしなければいけないことは、発語する息を作ることです。本当に、どうしてこんなことになるのでしょうか。この一週間、研究生の授業でも、言っていることは同じです。そして、何人かレッスン室に引っ張っていって、どれだけ体を使わずに喋っているか、実体験させると、あっという間に良い声と綺麗な息で歌う様になります。そして、キャラクターと芝居が出来てくる。これは、私に才能があるのではありません、歌い手が忘れていたり、気づかないだけです。
こういうことも、やはり劇場経験が少ない研究生や、若い歌い手には難しいかもしれません。しかし歌わなければ。それが歌手の仕事ですもの。とにかく、これを読んでいる歌い手さん!歌うことは発語することです。良い声を出すためにレッスンがあるのではありません。良い発語をするためにテクニックを磨くのです。これを、どうぞ忘れないで、あるいは思い出してください。わかんない人は、私に電話してくださ~い!(笑)
[PR]
by kuniko_maekawa | 2006-02-26 19:54 | トレーナーのつぶやき | Comments(0)

オペラ・レッスンのこと、演出のこと、舞台や絵画や色んなことを書きまくっています。


by kuniko_maekawa