和物のオペラ

昨日何年か振りに「河童譚」と言うオペラを観ました。

これは30分の短いオペラで、民話が題材にされています。
いたずら好きの河童の河太郎が、村の娘お花に横恋慕して、村長の息子にばけて一騒動起こすと言うもの。歌い手も4人で納まります。

日本のオペラにはこう言う小さなものが多いです。「あまんじゃくとうりこ姫」「三人の女房」「釣り女(だったかな?)」等々。民話、能などの題材が多いのも特徴ですよね。

これとは反対に、「夕鶴」や「黒船」「山椒大夫」等、沢山の大きなオペラも、もちろん作られていて、今も尚、新作は毎年のように、公演されています。

しかし、大きなオペラは、なぜか、楽曲が難しく、あんまり楽しかったり、美しいと感じたことがありません。中には、大好きなオペラもあるのですが、それでも、往々は音楽的に好きになれず、あまり聴く機会はありません。

それに反して、小さなオペラは、単純で、覚えやすい音楽が多く、かといって、音楽的に弱いかと言えば、そうでもなく、私はどちらかと言えば、小さいオペラの方が好きです。

昨日も、改めて「河童譚」を聞くと、アンサンブルも、楽曲の構成も、良く出来ています。短いものは学校公演などでも、皆、持って回りますから、私も、何度かやった経験があるにも関わらず、改めて感心して聴きました。

どうしても日常、洋物を主にして、私たちは勉強しますが、時々はこう言った日本オペラを、真面目に勉強することもやった方がいいですよね。特に、きちんと勉強して、歌唱もしっかりした人が、やるには本当に良いと思います。

日本語を歌唱するのもやはりベルカント。イタリア語よりも、子音が立ちますが、どの原語にも母音はありますから、同じように歌えるはず。ベルカントが習得できている人であれば、なお更、言葉も良く聴こえるだろうと思うのです。

さらに、私達の母国語である、日本語を扱うということは、本来のボキャブラリーさえあれば、イタリア語を解釈するより、簡単です。そして、聴いている人たちも、簡単に分かり合える。
セットや衣装もそうです。私達が、皆、知っている原風景。それを、きちんとした歌唱でお客に語り聞かせられれば、本当に楽しい空間になりそうです。

各言う私も、一度も日本オペラを演出したことはありません。是非、一度「夕鶴」を演出したいと思っていますが、願いが叶った暁には、セットや衣装、所作にいたるまで、きちんとした和物の世界観を作った上で、きちんと芝居を乗せたいと思っています。

昨日招待してくれた歌い手さんが、いみじくも言ってました。「やはり、自分は”和”の世界で作られていると思います」って。まさに、そうだと思います。大切にしたいですよね。母国語ですもん。(^^)
[PR]

by kuniko_maekawa | 2006-09-10 14:51 | トレーナーのつぶやき | Comments(0)