訳詩をするの巻き

ただいま、2月にやるある公演の準備中。
これのおかげでかなり胃が痛い・・・。

演目はモーツアルトの「フィガロの結婚」です。

ある学校から頼まれた鑑賞演奏会ですが、対象は中学生。
時間的にも制約があるので、ある程度の場面を選んで構成していきます。
キャストも全キャストではないため、レチターレほどでなくても、台詞を交えながらの進行になります。

それと同時にどうしてもやらなくてはいけないことが「訳詩」。

初めてオペラに触れる中学生に、できるだけわかる言葉で伝えたいと思えば、日本語で歌唱するのが一番良いですよね。

「フィガロ」の日本語訳で一般的なのは、二期会で使っている中山悌一訳のもの。
「一尺、三尺」と始まるやつで、私も何回かこの日本語訳で公演をやりました。

しかし、これはあくまで二期会のもので、当然内緒で使うわけには行きません。
それなりの借用をしなければいけないでしょうし、今回は全場面というわけではありませんから、構成用にも改めて訳詩をしています。

どういうことかというとですね、まず構成というのは、ハイライトであっても、それを寄せ集めて一本の作品として見せる事が基本ですから、流れを作らなければいけません。

その中の台詞として、歌詞も存在しています。
ですから、構成部分の台詞や、私が実際に演出していく方向性などを加味しながら、訳さないと、まったく別ものになってしまうわけで、これがほんとうに面倒くさいし、頭を悩ますことになっています。

まったく、最初っから豪語するんじゃなかったよ・・・(;;)

本当は今月中にあげてないといけないのですが、どうしても良い構成が浮かばず、どうにもこうにも見えてこない。

許容量超えてます・・・。

訳詩をするといっても、端からイタリア語を訳していくわけではありません。
対訳や単語を見ながら、近しい言葉を入れていくわけですが、ご存知のように、日本語はセンテンスが長い。

なので、どうしても訳せないものは、もうニュアンスを考えた別の言葉を使います。

例えば、5番の有名なマルチェッリーナとスザンナの「けんかの二重唱」で、短い音符の中に「Del Conte la bella」などと言う言葉が入っています。
訳すと「伯爵の美しい方」ってなことでしょうか。

しかし、これを日本語で全部入れても音符が足らないわけで、しかも、内容も説明的になるわけで、しょうがないので「愛される方」などと入れて見たりするのです。

何よりも、聴いているほうにわかりやすく、そして歌い手に歌いやすい言葉でないといけませんよね。これも、一苦労。
私が良いと思っても、歌えるかどうかは別ですもんね。

ああ、また胃が・・・。
しかし、良い経験です。
もともと自分で台本を書いてみたかったりする人ですから、こういう作業は嫌いじゃない。
後は、感性だけなんですが、これがね~・・・・(;;)

ま、がんばります。
今週は体調不良続きだったので、やっと元気になってきたってことで。

「うさぎ屋日記」の方ではお知らせしてますが、名前の表記を「前川久仁子」に戻しました。
今までは「クニコ」にしていたのですが、戸籍の名前で生きることにしたので。

この名前は書くことが職業になる名前だそうです。
効力が発揮できると良いんだけど・・・。

この公演は非公開ですが、良い歌い手が集まってくれました。
今から楽しみ。
お楽しみは構成台本が出来上がってからですけどね・・・(^^;) 頑張ります~!
[PR]

by kuniko_maekawa | 2007-11-23 00:45 | オペラなお仕事 | Comments(0)