間もなく本番です!

う~ん、こんなに更新してないのに、ちゃんと覗いてくださる方々、ありがとうございます!

歳のせいか、段々いろんなことが億劫で・・・・(^^;)

でも、時々心が動くことがあるので、ちびちび書いていきます。よろしくお願いします。

さて、先の記事でお知らせしたとおり、私は今、お芝居の稽古についています。

四人の女優さん、ハープ奏者、そして人形師の方と、いつもの現場とはまったく違った世界で面白い経験を沢山しています。

バタバタとしていたらば、あっという間に本番間近となってしまいました。

と、いうことで、ここで本番のお知らせ。

演目は、源氏物語をベースにした語り劇で、題して『詞劇「艶は匂へど・・・・」』と言う作品で、オリジナルです。

小説家の瀬戸内寂聴さんの「女人源氏物語」を原作として、紫の上、明石の君、宰相の君、近江の君と言う、光源氏に関わった4人の女たちが、それぞれ源氏のこと、自分たちのことを語りながら、物語を進めていきます。

出演は、紫の上にミュージカルなどで御活躍の土居裕子さん、源氏が須磨に流された時に契り、子供を産んだ明石の君に荻野目慶子さん、その子供の乳母、宰相の君をもと宝塚トップの峰さを理さん、そして、源氏のライバル内大臣の子供、近江の君を講談師の神田紫さんが演じます。

光源氏は文楽のようにお人形が演じますが、それを操る小川耕作さんが見事!

そして、舞台の音楽をハープ奏者の平野花子さんが実際に演奏しながら、効果を入れていきます。

女優さんが本当に良い言葉を語られていて、それに小川さんの光源氏が幻想的に絡んできて、すごく良い舞台に仕上がっています。

演出はオペラではおなじみに恵川智美さん。

言葉に関する解釈がはっきりしていて大胆で、これを女優さんたちがまた展開していく才能が素晴らしい。

恵川さんは元々がものすごくリサーチ派。

いろんなことに対して究明し、そこを核に想像を広げていきます。

だからと言って、研究者のように史実を作るのではなく、しっかりした核があるからこそ、キャラクターを無くさずに、より解釈が自由になるという感じ。

何より、彼女自身の柔らかさや美的感覚の良さが発揮され、幻想的で美しい世界観が見えます。

作曲家と対峙しなければならないオペラの時とはまた違って、彼女の本来の想像の広さが堪能できます。

11月5~9日まで、銀座博品劇場にて上演。
お時間がありましたらば、是非、会場に足をお運びください!
チケットは全席指定6500円です。

言葉を使うと言うことがどういうことか、本当に良くわかる舞台です。

オペラとか、芝居とか、関係なしに「音」を楽しんでくださいね。

会場でお会いできることを楽しみにしています!(^^)
[PR]
by kuniko_maekawa | 2008-10-31 13:30 | オペラなお仕事 | Comments(0)

オペラ・レッスンのこと、演出のこと、舞台や絵画や色んなことを書きまくっています。


by kuniko_maekawa