<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

仕事収め

またまた気がつけば、こんなに月日が経っています。
なんと今日は12月30日。おいおい・・・・(^^;)

今年最後のレッスンをやりました。

今年は本当に忙しく、加えて体調も優れない時が多かったので、11月からはまったくレッスンを入れていませんでした。
もっともレチターレが終わって、またもレッスンの依頼が切れた事もありますが・・・。

まあ、とにかく最後のレッスンが終わりました。
今日はこの間から白秋の詩を考察しているピアニスト君。
日本語を読むということに終始し、子音と母音をちゃんと使うなどと言う事をやっていたわけですが、久しぶりに右脳を使って、耳を開きました。

面白いことに、演出家として仕事を一本やると、その先につながるのはやはり演出家の仕事。
ですから、ちょっと自分の枠を広げています。

トレーナーは相手との一対一の対話から成すことですから、まるまる右脳を使っていますが、演出家でいる時は、一人対不特定多数。
スタッフワークも含めて、計算が必要です。ですから、右脳作業よりも左脳作業。inとoutのバランスもうまくとらないといけません。

inとoutというのは、文字通り、知識を取り込むことと、表現として出していくこと。そのバランスが大事ということです。inはまったく個人的なことですが、それをoutする時に、お客という不特定多数の媒体がいますから。

来年はどうやら演出家としての仕事の方が増えそうな感じもしています。
出来るだけトレーナーはやめたくないのですが、自分でもフィールドを広く持ちたくなっていますから、多分、舞台を多く持つのではないでしょうか。そうすると自然とトレーナーの時間が少なくなるかもしれませんね。

今年の環境の変化は中々すごかったです。
でも、跳び箱を飛ぶ前に踏み台は出来るだけ踏んでおかないと、飛び上がれませんもんね。

来年も、豊かな1年にしたいです。
引き続き、「オペラのブログ」もごひいきに。楽しいお正月をお過ごしくださいね(^^)
今年一年、お世話になりました!
[PR]

by kuniko_maekawa | 2007-12-30 19:50 | トレーナーのつぶやき | Comments(0)

自主公演のお知らせ

大学の同期で演出家の三浦安浩氏がオペラ団体を立ち上げました。
今月20日、21日で旗揚げ公演が行われます。
皆様、お時間ありましたらば、是非、是非、ご来場ください。
以下は詳細です。
e0022232_13461100.jpg


ANCORA第一回公演
「いのちの詩・2編」

指揮・松下京介 企画・演出 三浦安行
美術・鈴木俊朗(東宝舞台) 照明・稲葉直人(ASG)
舞台監督・渡辺 真二郎(ザ・スタッフ)

レイフ・ボーン作曲:「海へ騎りゆく者たち」
 出演:丸山奈津美 森田雅美 柴山陽子 石倉孝行 大前有加

プッチーニ作曲:「ラ・ボエーム」
 出演:斉藤紀子 上本則久 押川浩士 高田恭代 古澤利人 押見春喜 立花敏弘 東浩市 澤崎一了

12月20日(木)18時開演・12月21日(金)17時開演
ACTホール(東武東上線成増駅徒歩2分)
全自由席5000円
チケット・公演の問い合わせは042-69-0480(斉藤) ancora@hotmail.co.jp

私も毎年苦労しますが、自主公演は本当に大変です。
思い入れが強い分、経済的なことなど、現実とのギャップに苦しみますし、回りの評価もシビアですから。

三浦君は常に全力で頑張る人なので、今回もいつも以上に頑張ってると思います。
エールを送るつもりで、私も会場に行こうと思っています。

こういう公演もまた、オペラの一つの形です。お楽しみください。(^^)
[PR]

by kuniko_maekawa | 2007-12-11 13:59 | オペラなお仕事 | Comments(0)