「ライムント・ホーゲ レクチャーパフォーマンス」

ここ二日ほどなんだか肌寒いですね~(@@)
梅雨が空けた途端に、尚更梅雨らしい天気。

久しぶりの20度台に、やっぱ身体がおかしくなりそう・・・。

その寒くなる直前の17日に面白いパフォーマンスを観てきました。

最近、自分の名前のアカウントで呟いているツイッターは、芸術情報を主にフォローしています。

最初はオペラも取り合えず、知り合いや有名団体などをフォローしていたのですが、やっぱり知った顔ばかりに呟くのはつまらない。

フォローされないのも悔しいしさ~(笑)。

ってことで、またまたマニアックなツイートが満載になってますが、そこにお知らせで上がって来たのが、先のパフォーマンス。

ライムント・フォーゲさんは、ビナ・ヴァウシュ舞踊団のドラマトゥルグを勤めていた人で(ドラマトゥルグと言うのは、恐らく構成作家みたいなものかと・・・勉強不足すみません^^;)、今は振り付け家として活躍し、自身もダンサーとして参加しています。

そして、開催されたのは早稲田大学小野記念講堂。

うちは弟が早稲田だったので、確か一回くらい大学祭に行った様な覚えが・・・・。

早稲田大学には演劇科があり、この主催も早稲田大学文学学術院演劇映像コースとある。

ビナ・ヴァウシュはすごく好きなダンサーでしたから、そこにも惹かれましたし、何より無料!

こういうものは、面白いかどうかは行って見ないとわからないので、取り合えず予約して行ってきました。

まず、驚いたのは、小野記念講堂と言うホールが、演劇や映像を見るには、すごく良い空間だということ。

ちょっと想像もしませんでした。

映像コースが何をする所なのかはわからないけれど、最初に挨拶に出てらした先生も、ダンサーだといっていたし、どんなクリエイティブなものが生まれているんでしょうね~。
それも面白かった。

さて、その先生のご説明によると、本日は、まずホーゲさんのパフォーマンスと映像を1時間半ほど観たらば、後は質疑応答で2時間の休憩なしのプログラムだそう。

質疑応答は良いかな、と思いつつ、最初のパフォーマンスが始まりました。

四角い舞台の空間に、ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」が流れ始めると、下手億から黒いシャツとズボンを着た小男が出てきて、四角い舞台をただひたすら同じポーズで歩きます。

こういうパフォーマンスを私は結構好んでいます。

一件無意味な動作だけれど、演じ手には意味があり、それを押し付けるでもなく、説明するでもなく、ただ無になって同じ動作を繰り返す。

「別に興味なかったら出て行って良いよ」とお客をほったらかしにする感はありますが、つっけんどんじゃない。

それに、ビナもそうですが、ホーゲ氏の選択する音楽が非常に美しいクラシックなもので、彼の繊細さや頭の良さ、品などがセンスとして見える。

好き嫌いはあると思いますが、私は好きでした。

そして、やはり驚くべきことは、彼の背中に大きなこぶがあったこと。

つまり「せむし」であったことです。

最初手にしたチラシには、若い白人の男性の写真が載っていましたから、この人がホーゲ氏かと思っていました。

いかにもダンサーと言う感じの美しい顔と肢体。

しかし、下手の隅から出てきたのは、せむしの小男。

大きなこぶのために腰が曲がっており、まっすぐには立てていません。

歩く時も足を引きずる。

喋る時も、息苦しそうに喋る。
恐らく背中のこぶのために、肺が悪いのかもしれません。

その彼が舞台にあわられ、パフォーマンスを始めると、最初はどう対応して良いのかわからない空気が流れました。

実は彼が話している内容も、英語ではありましたが通訳がおらずに、ほとんど何を話しているのかわからなかった。

それで、呆然と彼の動き、話をただ観ているしかないと言うパフォーマンスとなりました。

これはですね、かなり面白かったです。

なんと言うか、私の中に存在している「物見だか」と言う感覚を残したまま、彼のセンスの良い選曲や、最小限に切り取られた動き、か細い息苦しい声を感じると言う、正に感性を摺り寄せるような時間となったからです。

彼の書いた紹介文のようなものがあります。

今回のテーマは「言葉と身体で書くこと」。

この方はドラマツゥルグだったわけですから、最初は文字を使っていたわけです。

けれど、その時はその後ろにある身体が見えてなかった。

なので、今は身体で書いている。

テキストはテキストで、それを動きで表現しても、そこに競合はない。
「見えないものに目を向けよ 聴こえないものに耳を傾けよ」が座右の銘らしい・・・・。

恐らく、言葉の多様性は空間を動かすことによってある・・・みたいな感じかな~(^^;)
良くわらかなかったけど、一つだけ興味深かったのは、彼の使う音楽です。

「私はしばしばテキストが重要だという理由で、ある歌を選びます。そして音楽と一緒になると、テキストは別のレベルに到達します。するとあなたはそれを自分の耳で聞くだけでなく、突然、自分の知らない言葉と言語の意味を理解できるようになるのです」

とは彼の言葉ですが、これは納得しました。

例えば、彼ともう一人のダンサーが先のパフォーマンスと同じように、二人で向き合いながら同じ動きをやるという場面。

流れているのは「ラプソディー・イン・ブルー」。

動きはなんと言うことはありません。

かたっぽがかたっぽの肘をつまむと、手を持ち上げるような形になる。

しかし、そこに「ラプソディー・・」の有名な箇所が流れると、(恐らく聴けば、皆さん知っている音楽です^^;)その手をつまんであげたという行為が、やたら神々しく感じる。

それは、私が感じる感覚なので、違う人にはそこに違う言葉が存在しているでしょうね。

この結果は、動きに添ってくる音楽によります。

そうすると、言葉が見えてくる。

なるほどね!

彼の身体的な特徴が、こういうパフォーマンスに影響を与えないとは言えないと思います。

やはり目を惹く。

しかし、これを「言葉」と感じさせないくらい、感性が秀でている。

彼を見ていると
「せむし」とか「障害」と言う物は、ただの名前になっていきます。

恐らく、チラシに乗っているようなハンサムなヨーロッパ男性であったとしても、同じことを感じたのじゃないかしら。

これを無料で見れたのだから、内容のちんぷんかんぷんは全然問題ない。

この間のWSと言い、行かず嫌いは損ですね~(^^)

さて、二週間の長きにわたったウサギ保育は今日で終了。

夕方飼い主さんの所に返しに行きます。

明日からはまた、なっちゃんとの二人暮らし。

今週末の仙台ゴスペルコンサートのための字幕作業も追い込み~(@@)

実質金になる仕事は何一つないけど、なんだかやたらに忙しかった半月でありました。

急な気温差に体調を崩されませんように!
楽しい日曜日を~(^0^)
[PR]

by kuniko_maekawa | 2012-07-22 11:56 | 観劇日誌 | Comments(0)

うさぎ保育その後

いや〜、気がついたら5日目が終わろうとしてるかもΣ(゚д゚lll)

我が家に二羽のうさぎーずがやってきてから、明日で6日。あっという間だなあ(^_^;)

うさぎーずは元気です!

最初、中々なれなかったライオンラビット一歳ラブちゃんも、ケージの中でなら撫で撫でOK\(//∇//)\
e0022232_20304714.jpg


ちびっこ愛ちゃんは、めちゃくちゃ元気(^_^;) 常に楽しそうです(笑)
e0022232_20304792.jpg

e0022232_20304859.jpg


今回、びっくりしたのは、なっつのホステス振り!

結構ストレスも貯めるかな〜なんて心配してましたが、全く何時もと代わりなく。

それどころ、保育うさぎーずが居る事もちゃんと理解して、付かず離れず上手く過ごしています。
e0022232_20304880.jpg

時々、足だけ仲間な時も(笑)
e0022232_20304975.jpg


私には基本、複数飼いはちょっと負担が大きいので、三羽なんて生涯何回も無いかも、と思います。

命を沢山世話するのは、やっぱり怖い。

今回始めて多頭飼いを経験。

一羽が眠くなれば、何となくみんな眠たく、一羽がご飯を食べ始めれば、何となくみんながご飯を食べてる…

否が応でも、和むわ〜(笑)

とにかく、お返しするまで後10日。

仲良く、楽しく過ごしていきます!(*☻-☻*)

話変わって、今月末、仙台でテキサスから来日するゴスペルシンガーズのコンサートを手伝う事に。

成り行きから、英語の歌詞を訳してスライドにする事に。

ただでさえ、字幕関係鬼門だけどな〜(^_^;)

ゴスペルは、ほとんどが楽譜が有りません。
口伝え。

オペラの時みたいに、楽譜の尺がはなから決まっていません。

これから楽曲を聞きながら、お客さんが読める早さに字数を合わせていかねば(゚o゚;;

苦手なもの程、どうしても関わり続けるのはなんででしょうね?(^_^;)

このところ、変な天気が続きますね(-。-;

体調等、しっかり管理で!

おやすみなさい〜(*☻-☻*)
e0022232_2030499.jpg

[PR]

by kuniko_maekawa | 2012-07-12 20:05 | うさぎ | Comments(0)

うさぎ保育

先の記事でもご紹介した、ウサちゃん友達のご自宅から、無事移動。

昨日から、初のうさぎ保育絶賛始動中!
e0022232_16365127.jpg

いや〜、今まで気楽に「うさぎ保育、お願い〜(#^.^#)」なんつって、アシスタント嬢等に頼んでいましたが、いざ預かるとなると、命の責任なんて考えちゃったりして、結構、緊張〜(-。-;

でも、当のウサギーずは、とりあえず環境に順応しつつあります。ホッ!(^_^;)

我が家のうさぎ、なっつは、多分大人になって、初めて「うさぎ」なる生き物?と対面(笑)

ちょっと心配してましたが、案外平気そうで、これもホッと一安心(^^)

昨日、ケージを入れ込んだ時点で、軽く挨拶にやってきて、暫く座ったり寛いだりしてくれました。
e0022232_16365252.jpg

おかげで、保育うさぎも、なんとなく安心したみたい。いや〜、なっつってばお母さんは感心したぞ〜\(//∇//)\

今朝はちびっこウサギが、ほぼ放し飼い状態だったので、少し遊び場も作ってケージ移動。

お姉ちゃんウサギは、ビビって固まるの巻き。ごめんね〜(-。-;
e0022232_16365328.jpg


ちびっこウサギは…
e0022232_16365473.jpg


朝からなっつの訪問を受けて、満更でもないみたい
e0022232_16365580.jpg

ついには、ウサキッス♪───O(≧∇≦)O────♪
e0022232_16365694.jpg

いやいや、なっつさん、お疲れ様です!
e0022232_16365777.jpg


お返しは22日。
これを機に、うさぎホテルを開業しようかと、マジで考え中(笑)

昼間はピーカンだった太陽も、夕方になるにつれ、柔いできましたね(#^.^#)

子供の頃の夏を思い出しつつ、またも清澄公園より投稿!
e0022232_16365841.jpg


さて、買い物に行きますか!
[PR]

by kuniko_maekawa | 2012-07-09 16:21 | うさぎ | Comments(0)

感性の名前

おっと、気が付いたらまた日にちが経ってる(@@)

ここ一週間くらいはなんだかバタバタしてました。

相変わらずプー太郎な私は、やはり家賃が心配になると必死に仕事を探すわけですが、アルバイトが決まったと思ったら駄目になること毎回・・・・。

理由は私の方だったり先方だったり色々ですが、こんなことしている間に、稽古期間に入っちゃうから、なんかもう諦めモード。

まあ、本当に家賃が払えなくなったら、もう田舎に帰ると腹も括ったので、楽しく毎日過ごしています(^^)

さて、先日、ある親子と知り合いになりました。

年齢は20代真ん中くらいですが、早くに御結婚なさって、今はシングルマザー。
お子さんは7つくらいなのかな?

私の友人を介しての繋がりですが、来週からお子さんの付き添いで沖縄に10日間ほど行かねばならず、その間、彼女の飼っているうさぎさん二羽を預かり保育?することになりました。

1歳のライオンラビットと2ヶ月の仔ウサギとお聞きして、うちに移動するのはどうかな~と懸念。
御自宅に私が通った方がよいかと思い、ウサギさんを見せていただくついでに御自宅に伺い、初顔合わせ。

実はツイッターからのお知り合いなので、お会いするのは初めてだったんです。

まあ~、本当に絵から飛び出てきたような綺麗な女性で、バレエをやってらっしゃるのもさもありなん、この世のものとは思えない、声や物腰・・・・(@@) 

これ、マジにそうです。
形容するならば「天使」がぴったり!

そして、そう形容したいもう一つの理由は、彼女には「アスペルガー症候群」と言う、障害があること。

この「障害」と書くのは気が進みません。

それが今日の御題ですが、まったくそれが障害とは思えないからです。

アスペルガー症候群は、いわゆる学習障害のようなものらしく、自閉症の軽い感じといえば、良いのかな。

一件健常者(この書き方も嫌い)に見える彼女ですが、選ぶとか段取りをすることは苦手みたいです。

例えば、洗剤を買いに行くと、何を買って良いのかわからなくなって棚の前で30分はぼーっとしてしまうとか。

でも、計算は出来るし、会話も大丈夫だし、本当に観た感じはなんの支障も無いようですが、彼女曰く「現実の世界には生きられないんです~」と。

しかし、彼女が持っている感性の世界は、本当に凄いです。

「レイン・マン」が判り易いかと思いますが、一つのことに物凄い能力を発揮しますよね。

彼女の場合は、バレエ、音楽、色、こういったものに感性が開いています。

まだ踊りは見たことないですが、彼女のツイートなどに上がってくる文章などを読んでいても、物凄く感性が豊か。

話していると、色んなイメージが沸いてきて、言葉が沢山飛び出して来ます。

例えば彼女はピアノが好きですが、楽譜は読めません。
でも、耳が凄くてコピーできる。

楽譜は色に見えるのだそうです。(^^)

その色にしたがって、彼女はキャンパスに絵を描くように、音楽を解読していく。
あるいは、踊りを創って行く。

誤解のないようにお願いしますが、知的障害者ではありません。

それどころか、哲学書を愛読するような深い知識も持っている。

ただ、現実世界において苦手な物があると言うだけ。

その苦手さも、かなりレベルが高い。

息子さんも同じ症状があるようで、彼はフリースクールへ通っていますが、動物を愛し、絵を愛し、今は空手を愛しているそう(笑)。

私は、たった一回会ったこのお母さんにとても感動して、彼女親子に協力できたら良いなと思って、ウサギ保育を引き受けましたが、不思議なことに、時々思い出しては彼女に会いたくなります。

縁があるとか、ソウルメイトだったとか答えは色々用意できますが、なんかそんなことではなく、彼女の世界に住んでみたいと思うんですね。

例えば、自然の中で、私は本を読み、息子さんは空手をし(笑)、ウサギや小鳥が飛び回っていて(この場合、うちのなっつも一緒です^^)、陽だまりの中で彼女は自由に身体を動かし、踊っている。

冗談抜きで、こんなイメージが沸いて来るのです。

これも神様の繋がりだと思っては居ますが、こんな風にインスピレーションが沸く人とであったのは初めて。

きっといつの日か、これを舞台で再現すると確信まで沸く(笑)

どなたか御出資いただける方、是非!
踊りを見たことないですが、多分、素晴らしく感性豊なフリーダンスと想像しています(^^)

「アスペルガー症候群」と名前を付ければ、それは病気になり、その名前を持っている人は健常者ではないという線が引かれてしまいます。

けれど、これは人種であり、その人たちには、素晴らしい集中力と感性が備わっているのが特徴と、私には思えるのですね。

逆に私たちを健常者と言うならば、何が健常なのかと思ってしまう。

だって、私より彼女の方が全然身体と心は健康ですよ(笑)

因みに、スピルバーグもアスペルガー症候群です。

著名人、アーティストに多いですね。
それを見ても、これが人種だと言えると思います。

それにしても、こんな形で、また新しい人と出会うことが出来ました。
しかも、その出会いは、先の私を造る糧となるのもです。

いつもいつも、神様がちゃんと整えてくださるって、こういう時感じるのですよね~(^^)

今日はまた30度越えでムシムシしてますね。

ウサギ保育のことはまた実況します!

今日も一日お元気で~(^0^)
[PR]

by kuniko_maekawa | 2012-07-05 12:18 | 心のつぶやき | Comments(0)