MMC番外編Vol.4「プロフ・リーディング」

あっという間に師走です。

相変わらずのゆっくり更新。
それでも読んでくださる方がいらっしゃるって嬉しいですよね。ありがとうございます~。

さて、もうずいぶん前になりますが、11/26(土)に「プロフ・リーディング」と言うのをやりました。

演出家もやってる私は、時々プログラムとかチラシ用に、プロフィール写真を提出するのですが、それがずいぶん前に撮ったやつで、しかも、スタッフ用だったから、その時に制作の方にお願いして壁を背に取ったって奴だったんですね。

意外とかわいいとはいえ(笑)、既に15年くらい経ってますから、ずっと撮り変えようと思ってたわけです。

しかし、こういう写真一枚あると、結構面倒臭くて使っちゃうんですよね~(笑)

それで、意を決して、お願いしてみたわけです。

撮ってくれたのは、茂木駿くんと言う、昭和音大アートマネージメント科の3年生。

出会いは、リーディング・パートナーのバリトン、中村靖さんのお弟子さんが自主公演なさった時に、演出しまして、副科で中村さんに師事している彼が手伝いに来ていたと言う感じ。

その後、FBで繋がって、彼が写真を撮っている投稿を観ました。

その写真がとても気に入って、お願いしてみたってわけです。

でも、せっかくなら、パフォーマーの私、演出家の私、普段の私を撮ってもらいたい。

それならと、今回のリーディングを企画しました。

中村さんとお友達の演出家、古川真紀さんにもお手伝いいただいて、なかなか面白い企画でありました。

色んな顔が見えた方が良いだろうと思って、今まで読んだ戯曲6作品から、抜粋で場面を選んで読みました。

お客様にセンターに座っていただき、四隅にポイントの明かりを置いて、戯曲が変わるたびに、読み手が動き場所を変える。

そして、茂木くんは、その間を自由に動き回って、私を撮ってくれました。

これはね~、とても不思議な感覚でした。

最初彼のカメラがやはり気になって、シャッター音が鳴るたびにドキッとして、「撮られる人」になろうとしていたのですが、途中から、彼のファインダーが私を観ている感覚になってきて、そのファインダーも空間の中に「在るもの」になってきたんですよね。

彼が全然ものおじもせず、どんどん踏み込んで来る自然さも手伝いました。

いつの間にか、彼と私の空気が一つになって、そのファインダーが愛おしく、暖かく、何より自然の中にいるみたいな気持ち良い風が吹いていた。

彼の感性、めっちゃ素晴らしいです(#^.^#)

この時撮ってもらった1枚。
e0022232_1141796.jpg


FBにアップしたこの写真を観て、とある牧師先生が「この写真には、「光」があります。その光がすっと心に入ってきました。」ってコメント書いてくださいました。私もそう思います(*'ω'*)

9月に起こった大きな変化は、私を傷つけ、貶め、失ったものが大きかったような気がしていました。
けれど、そのネガティブなこと自体が、私を大きく変え、気づかせ、結果的に完全に救われました。

母との関係も、穏やかになり、これから来る母の老いと共に、私の創作は止まっていくだろうと思います。

けれど、神様は必ず私にその時出来る仕事を与えて下さり、神様の道具としてどんどん磨いてくださる。
本当に偉大なお方です。畏れつつ祈る。

年明け一本演出家仕事がありますが、それが終わったら、いつまでかわかりませんが、母の介護をしつつ、派遣をしつつ、出来る範囲のパフォーマンスを続けつつ、うたこと母を見送ります。

成し遂げたら、きっと神様が大きなステージを用意して下さると思います。

その時のために、自分のレベルをもっともっと上げておきたい。

出来る創作や表現の場は、舞台だけではありません。
そのことも、大きく気づかされました。

今は、私を変えた「事件」?を本当有難く思っています。
第二の洗礼は成就しました。

あ~、本当にもっと読みたい~!もっと書きたい~!もっとレッスンしたい~!
出来ることは沢山あります!

リーディング・コラボもやりますよ~!
いつでもお声かけてくださいね!

次回の更新は年明けとかかなあ~(笑)

気長にお付き合いくださいませ~!
[PR]

by kuniko_maekawa | 2016-12-15 11:17 | MMC | Comments(0)