オペラ・レッスンのこと、演出のこと、舞台や絵画や色んなことを書きまくっています。


by kuniko_maekawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

チケットお早めに!

連日稽古に励んでいる「オルフェオとエウリディーチェ」。

なんと、チケットがほぼ完売に近くなってきました。

今現在、27日公演は10枚、28日公演は4枚と残券少なくなっています。

もし、まだチケットを御購入されておらず、欲しいという方がいらっしゃれば、お早めに御連絡ください。

また、問い合わせが多数ある場合は、追加公演も可能性としてはあるので、どしどしお問い合わせくださいね。

さて、今日は久しぶりに稽古はお休みですが、公演まで二週間というところで、自然に通しながらの稽古になってきました。

上演時間は1時間。

しかし、オルフェオを歌う折河君と諸さんは出ずっぱり、歌いっぱなしです。

しかも、「詩劇」と言う物にこだわって、内面を吐き出すようなことを要求している稽古場では、彼らのエネルギーの消費は考えられないくらいだと思います。

本当に参加してくださっている歌い手さんたちは素晴らしく、見学に来ていた学生が「先生の授業でおっしゃっていたことを突き詰めたら、こうなるんだって身震いしました」と言ってくれました。

私もそう思って稽古をしています。

彼らの「詩」を是非聴いていただきたい。

一昨日は照明の稲葉さん、舞台美術の本郷さんとの打ち合わせ。

稽古をそれぞれ見ていただいて、コンセプトに添いながら、それぞれの手の内をまずは出してみましょう的な打ち合わせです。

空間に対して今回私が望んでいるものは「日常の中の非日常」。

しかも、それはオルフェオの心理一つの問題でなければいけません。

これが芝居であれば、心象心理と言う一つの枠で考えていけば良いのですが、オペラの場合は、ここに音楽空間と言う抗えないものが存在してくる。

つまり、第三者のコンセプトが必ず存在してくるというわけです。

しかも、それがまず優先されねば、空間が死んでしまうという代物。

これこそ、音楽を演出するという醍醐味でありますが、いかに自然に、人工的な作業が音楽空間と言う超無形物の中に存在できるか。

つまり、デジタルのものをアナログの世界に溶け込ませるか、と言うことが課題です。

稲葉さんも本郷さんも、それを良く理解してくださって色んなことを示してくれます。

この作業が始まると、間もなく本番だと気が引き締まります。

おかげさまで、客席は埋まりそうですが、できればもっと沢山の方に興味を持っていただきたい。

お問い合わせいただいて、もし、本番にいらっしゃれない方がいれば、GPも公開しようと思っています。

どうぞ、まだまだお申込み、御予約お待ちしています。

本当に素晴らしい公演です!(^0^)
[PR]
by kuniko_maekawa | 2009-11-13 13:55 | MMC | Comments(0)