オペラ・レッスンのこと、演出のこと、舞台や絵画や色んなことを書きまくっています。


by kuniko_maekawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

1分を待つ

今朝TVを観ていたら、山小屋を管理している若者のドキュメンタリーをやっていました。

その人が、何故山に住むのかと聞かれ、こう答えていました。

「都会にいると、なんでも与えられる。スイッチを入れれば電気がつくし、バーをひねればガスが出るし、1分遅れても謝られるし、なんでもやってもらって、お客様ですよね。山では不便だけど、不便と言う事は悪いことじゃない。それを感じられるから」

おや~、と軽く驚きました。

おっしゃっていることは、さもありなん。

私も最近思うところで、あれだけ便利嗜好だったのに、子供の頃にやってた生活に戻りつつあります。

お湯を沸かすのも、前は電気ポットを使っていましたが、今は再びやかん。

PCも仕事では欠かすことは出来ませんが、今はそれ以外、ほとんどつけません。

前はヘビーユーザーで、丸一日電源を入れっぱなしでしたが、今は一日一回開くだけ。
それも、家計簿をつけなくていい日は、開きません。(よってブログもお休み^^;)

ってことは、買い置きを無駄にしなくなったって事。

私は買いだめが下手で、いつも食材や調味料等無駄にしてたので、一回一回必要なものだけ買っていましたが、料理が得では無いので、自然、お惣菜や簡単に調理できるものだけ買っていました。

今は、弟と私の体のこともありますが、まとめ買いを上手に使ったほうが節約になると気付き、出来るだけ3,4日を目安に使いきれるものを買って、食べきるようにしています。

そうすると、不思議なもので2週間に一回くらい、まったく買い物をしない日が出てくる。
たまに週に一回出来る時もあります。今までに比べれば上出来。

便利ということは、結局は手間を減らすことなので、忙しい人間にはある程度必要かもしれません。

今、私が段々便利でなくても良いとおもうのは、時間に余裕があるからですよね。

さて、前述の若者の答えの中に「1分遅れても謝られる」って言葉がありました。

これは先日、私の教会の副牧師が同じことを説教の内容で言っていました。

彼女(女性です。)は福岡の出身で、神学校を出て、すぐに副牧師として就任されたのですが、東京に出て来て驚いたのは、乗っている電車が1分遅れたときに、「まことに申し訳ありませんでした」と丁寧なアナウンスが流れたことだそうです。

1分で謝られるということは、1分で怒る人がいるというわけです。

偶然、別の世界に生きている若者から、現代社会に関して、同じ言葉を聞いたので、軽くショックだったわけです。

しかも、私達の世代ではなくて、若い世代が現代社会が急ぎすぎていると感じている。

私自身も、忙しさの中に身を置いている時は、やはり分刻みの行動に走っています。

時にはいつでもお湯が沸いている、電気ポットに戻したくなる。

でも、お湯が沸くのを待つ時間に、お菓子の用意をしたり、テーブルを拭いたりしても、あまる時間があるということのほうが大切な気がして、ポットは使いません。

子供の時は一日って本当に長かった。

何をしていたわけでも無いけど、十分に遊んで、食べて、寝て、次の日学校に行った。

夜は早く寝て、朝は自然に目が覚めた。

今はそういう生活を目指しています。

ふと足元を見ると、行き倒れている愛兎・・・・(^^;)
e0022232_1140525.jpg

やっと涼しくなってきましたね。

季節の変わり目に、体調を崩されませんように!

今日もゆっくりまったりで~(^^)
[PR]
Commented by sinsama2 at 2010-10-01 22:02
涼しくなりましたね。
本日から、スーツを着て出勤いたしました。

急ぎすぎている・・・
実感しますね。
都会ほど、歩いている人の歩く速度の速いこと。
東京に行きますと、本当に実感いたします。

そんなときに、ウサギさんま姿を思い浮かべるのも良いかもしれません。
(^。^)y-.。o○
Commented by kuniko_maekawa at 2010-10-02 11:22
★sinsama、ほんとですよね~。私も忙しい時代は1分を怒ってましたけど、今は日々の生活に時計が要らなくなってきました。そうすると一日が長い気がします。ゆっくりと余生?を生きたいですね!
by kuniko_maekawa | 2010-09-24 11:44 | 心のつぶやき | Comments(2)