それでも公演をやるか?やめるか?

7月2日に日本橋公会堂というところで、モンテヴェルディの「ポッペアの戴冠」を上演します。

まだ公演時間やキャスト等が決まってなかったためにお知らせをしませんでしたが、敢えて・・・。

と言うのは、今朝までこの公演を上演するか中止するか迷っていたからです。

今回の大地震により、今だ収まらない関東地方で、この先の状態が不安になったためでありますが、それについて二日前にキャストの方々にそういう状態であるとのメールをしました。

色々と反応はあったのですが、キャストの方々のみならず、ブログにコメントくださった方や、他にも御相談差し上げた方々の中で、「やはり私達はプロであり、プロであるからには、観客を癒す義務があり、そのために心を強く持って公演をすべきである。」と言う御意見を何人かの方々からいただきました。

実は私もそれは考えていたのでありますが、私がもっと問題にしていたのは、やはりキャストの方々の安全と自分のメンタリティでした。

今回の地震は、かなりダメージを覚え、今も東京から逃げ出したい気持ちになっています。

おさまらない余震、被災地以外での大きな地震。

都内でも買いだめ等で発生している、主食の流通、品物不足。

有り得ないですよね。

毎回あまり影響無いように見えても、必ず実施されている計画停電。

原発ももちろん怖いです。

この状態がどこまで続くかと言うことが大きな問題です。

公演が7月の頭と言うことは、5月、6月が稽古期間。

計画停電も当初は4月末までの実施と発表されましたし、それだったら問題は無いということになっても、そこまでに何が起こるかわからない。

こんな状態で、果たして二ヶ月も歌い手を拘束していて良いのだろうかと・・・・。

かなり考えましたが、やはり仕事を断っても出演を決めてくださった方もおり、そこに背中を押されてええい!っとばかりにやることにしました。

どうなるんだろう・・・・・全然見当が付きません。

私自身もどうなるんだろう???今決まっている仕事は出来るのかしら???

不安は付きませんし、こうやっている間も部屋が揺れているということにも気持ちが落ち着きません。

製作としては失格かな~。

でもね~、怖いもんはしょうがないんですよっ!

開き直っちゃうとですね・・・・・怖いんですよっやっぱりっ!

夜も眠れないし、電車に乗るのも、建物に入るのも、新しい電子レンジがまた落ちて壊れるのじゃないかとか、本当に何をするのも怖い!

本当になっつを連れて田舎に帰ろうかと思っています(^^;)

こんな状態で音楽を創れるのかっ!

お金よりも何よりも、それが一番失われていそうで怖い・・・(;;)

こんな状態ですが(^^;)、公演はやります。

期待してくださっている方がいる限り、やるべきだと思います。

さて、愚痴も吐いたし、頑張って仕事するか~(笑)

しばらくぶりですね。その後のなっつ。
e0022232_161836100.jpg

一昨日はまったくペレットを食べずに心配させましたが、取り合えず昨日くらいからペレットを食べてくれるようになりました。

多分、私が礼拝に行っている間にかなり揺れた時があったのかと思います。

動物だってこうなのに・・・・。

この地震を経験して心に決めたこと。

なっつの後、絶対に動物を飼わないということ。

今回もなっつをどうやって助けるかを常に頭において不安に過ごしています。

被災地でも多くの動物が犠牲になったり、飼い主と一緒に避難所に行けなかったと推測されます。

だから今後はそういう辛さも無くしたい。

一人なら、死んでも生きても心は辛くならない。

こんな事を考えるとは・・・・・。

自然の脅威は、ただただ破壊する力だけじゃないと認識するばかりです。
[PR]
by kuniko_maekawa | 2011-03-16 16:26 | トレーナーのつぶやき | Comments(0)