オペラ・レッスンのこと、演出のこと、舞台や絵画や色んなことを書きまくっています。


by kuniko_maekawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

富士純子様礼賛

地震速報ばかりやっていたNHKが、やっと朝ドラを放送してくれるようになりました。

まだまだ被災地では大変ですから、娯楽の部分も最低限であるべきかもしれませんが、実際に仙台で被災している友人等は、どんどんTVで娯楽番組をやって欲しいと言っています。

やはり最終的には心を明るくするものなのです。

さて、4月から朝ドラの「てっぱん」を楽しみにしておりました。

何が良いって、富士純子さんです。

主人公の祖母役で、下宿を営みながら突然やってきた孫に戸惑いながらも、お好み焼き屋を再会し、人間的にも暖かくなっていく役。

この方の演技が素晴らしく良い!

こんなに上手い女優さんがいるなんて、日本はまだまだ捨てたもんじゃありません。

昨今は、下手な若者俳優ばっかり持ち上げて(実は前作のゲゲゲも閉口した。主人公もそれを取り巻く友人とかも下手で)、周りを実力俳優で固めるというドラマばっかりですが、この「てっぱん」は主人公もまあまあ自然体で演じられており、周りがそれを上回る演技達者ぞろい。でも自然に助けている。

何より台本が良くて、その演技達者の方々がちゃんと主役になるように、それぞれのドラマが存在している。
それが主人公の下手さが浮かない原因かも。

昔はトレンディードラマの常連みたいだった、安田なるみも思ったより下手じゃなくなってるし、その旦那さん役の遠藤憲一がすごく上手い。

この人は他のドラマも観てますが、何をやっても上手い。

ちょっと強面なので、こういったホームドラマ系は難しいかと思いきや、すごく暖かい夫であり、父親である男を演じています。

この二人の長兄がちょっとおっさんじみていて、とても二人の息子には見えないところも味かも・・・・。

富士純子さんといえば、昨今は寺島しのぶさんの母であり、尾上菊五郎の奥様等の存在が知られていましたが、やはり女優さんですね。

しかも昔の女優さんはちゃんと鍛えられていますから、所作から台詞回しから、本当に見事。

身体の線も綺麗だし、白髪で口の悪い関西のおばあちゃんなのに凛とした綺麗さがあり、この人が生きてきた証しみたいなのか見える。は~、すごい!

韓国では所属アイドルを事務所が全面教育し、5年とか場合によっては10年近くデビューまでの時間をかけて世に出していきます。

ですから、すごくどのアイドルも歌も踊りも素晴らしく上手い。

日本は逆で、現場で鍛える的に、どんどん下手でもドラマに出して勝手に育て的です。

でも、出来上がった物が明らかに違う。

そこに日本の事務所も気付かなきゃ~。

ドラマ離れしてるのは、視聴者のせいじゃありませんよ。
作り手の問題です。

富士純子さんみたいな息の長い俳優さんを是非事務所も育てて世に出してほしい。

もちろん役者の人生の過ごし方や経験も大きく左右される世界ではありますが、基礎があってなんぼですよ。

当然、日本のドラマも薄っぺらになるし・・・・。

そういう意味では、長寿番組を支えているのは、しっかりした俳優さんばかり。

歌舞伎俳優や能役者や・・・・。

歌手だって演歌は本当に教育があるから上手い人しか出てきませんが、他のジャンルはへったくそばっかり!

もちろん上手い人もいますよ。それは才能です。

そういう人のところには、自然と人がついてくる。

なんでもそうですが、付け焼刃はやっぱりダメです。
人を感動させるには気持ちだけでは無理。

道具としての自分をどう磨いて行くのかが、日本の芸能界は希薄すぎますね。

トイレ中のなっつ
e0022232_1131112.jpg

時々こうやってトイレに座ってぼけっとしてます。

なっつもそろそろ壮年。
瞑想の境地に入ってきたのかしら??ぼけてなきゃ良いけど(^^;)

毎回ブログが長くなる~。

公演中止を考えている時に、精神的なダメージを理由に挙げていたら、ある人が「東京で精神的ダメージは言うな」とのコメント。

それは無いです。

東京だって被災地。

今も200人くらいの人が避難所生活をしています。

もちろん震源地に比べれば全然安全で生活物資も問題なく手に入ります。

けれど、津波の被害を受けている浦安市はうちから電車で15分だし、来年度仕事をする予定の千葉県旭市は、2時間でいけるところで津波に襲われました。

江東区でも毎日救急車が走っています。理由はわかりません。

しかし、有明のほうの埋立地に近いですから、浦安と条件は変わりません。

私の教え子はずっと熱が出て臥せっています。

それを東京だからと言うことで一括されたくない。
こういう感情はおかしいのでしょうか・・・・。

もしかしたら東京も西と東では感じることが違うのかもしれませんが、まだまだ何が起こるかわからないです。

だったらチケットを売り出さない今の内に、公演を中止すべきかもしれないと考えても当たり前だと私は思っていますが・・・。

もちろん、震源地に近いところで大きな被害を受けた方々には言葉もありません。
一刻も早い復旧を祈るばかりです。

とにかく7月公演は実施。そして生活は戻りつつあります。

明日からはバイトに行って来ます!

公演を成功させることが今は必須となってきましたので、プール分を稼がなくちゃ!

今日も被災地で救援、援助をなさっている方々、じっと我慢して救助を待っている方々、本当に頑張ってください。毎日祈っています!

そしてそれ以外で安全に暮らしている方々、どうぞ落ち着いて買いだめなどせず、節電、節水に御協力ください。

今日も皆さんの無事を祈って。
[PR]
Commented by あすか@鹿児島 at 2011-03-21 12:37 x
前のコメントを入れてから、そうだ、先生も被害があったんだった…とかなり自己嫌悪に陥りました。
無責任なコメント、申し訳ありませんでした。
でも、公演開催するとのこと、先生のバイタリティには脱帽です!
成功をお祈りします!

役者さんの良しあしはあまりよくわからないですが、脚本や演出が良ければある程度はカバーできるというのはオペラで実感しています…あはは。
逆にダメな台本でも、役者さんが良ければこれまたある程度はカバーできるような…と。
日々精進することが大事なんだなぁ、と思います。
Commented by ぼんち@SoftBank at 2011-03-21 13:30 x
ダメージは確実にありますね。
大阪じゃあれっぽっちの揺れでしたが、
普段の小さな地震の揺れよりは大きく、
感じた刹那に想起した恐怖や不安の根本は、
阪神大震災の時のフィードバックでした。

改めて思いましたね。
あの地震は確実に我々の精神にダメージを与えたのだと。
ごく軽くですが、PTSDだと思いました。
Commented by kuniko_maekawa at 2011-03-21 14:16
★あすかさん、コメントありがとうございました!落ち込むことなんか全然ありません。あすかさんのコメントは力を得ましたし、これはすごく納得できたことなんです。なぜかというと、「最終的に音楽が残った」と感じられたコメントだったから。これは私もそうだと思っています。直後の恐怖が無くなり、復興に向けたときこそ、必要なのは芸能だと本当に確信しています。名前のあるアーティスト達がさすがと思ったのは、みんなが復旧支援コンサートなんていきなりしないで、募金や寄付に大量のお金を注いだこと。これこそ、先ず先に出来ることなんだと本当に思います。それとは反対に、被災地以外の地域が慌てて自粛することなく、こちらは継続して公演を行っていただかないと、芸術支援が無くなる。それを何を勘違いするのかいきなり関西地方なんかで自粛と言うのは逆におかしいと思います。とにかく理想と現実をはっきりわかるべきだと思うんです。音楽がすべてを救うわけではない。けれど、いつかは絶対に必要になる。誰しもが最終的に臨むのは心に残った歌だったりするから。でも本当にありがとうございました。頑張りますね!あすかさんも身体に気をつけて頑張ってくださいね!
Commented by kuniko_maekawa at 2011-03-21 14:21
★ぼんちさん、関西地方の方々は阪神大震災を思い浮かべて新たな恐怖を感じる方が多いと思います。今回の地震もそういう風に我々の身体にしみこんだと思います。だから誰が何を思うかを避難することは出来ない。ようは理想と(夢想とも言うのかも)現実をちゃんと理解することだと思います。関西地方の方もまたフィードバックされて精神的に落ち込む方もいらっしゃるかもしれませんね。日本中がそういう時だからこそ、明るく元気に行かなければいけません。誰が正しいというのではなく、皆が正しい。そして、それはどんな理由であっても、前向きで在るべきなんです。
ぼんちさんも活動などもしかして制限ムードもあるかもしれませんが頑張ってくださいね。関西が頑張らねば!いつもコメントありがとうございます(^^)
Commented by 沙羅 at 2011-03-21 22:19 x
先生のお部屋の、地震の時の写真、震度6強だった我が家よりすごいです。でも7階じゃ揺れますよね。地震の恐怖は、こちらより大きかったかもと、思いました。
今福島では、原発が恐怖です。毎日、毎日ニュースをチェックして、放射線量をチェックして、神経を張り詰めています。我が家は原発から50キロくらいなのです。その上、ガソリンなどが入ってこないので、スタンドは並んで、大変です。外へ出るのも控え、ひたすら安全な日を待っています。
でも、公演できる所で、自粛なんてしないで下さい。そんな公演があるなら、見に行くぞって、楽しみにしていられます。公演を行なうことが、被災者のすべての人が満足することでなくても、自粛は意味がないと思います。日本中で、黙ってひっそりとしているのは、やはり嫌です。
きっと、いつもの通り笑い会える日が近くに来ていると、信じて今日を送っています。まさか、放射能ですぐにどうにかなるわけじゃないですが、逃げられない以上、やっぱり怖さを克服していないと、何もできませんから。
Commented by kuniko_maekawa at 2011-03-22 11:54
★沙羅さん、大丈夫ですか?そうでした、福島でしたよね。湖面と読んで改めて事の重大さを思い知ります。こういう意見が一番正しく、心に響きます。自粛はそれぞれの心の強度や思いだから、どれが正しいとは言えないですが、一人でもこうやって心を豊にしたいと願っている人がいるというのを皆知るべきなんです。だから勢いだけでやることも、自粛ムードに乗ってしまうことも、どちらも冷静ではないと思います。東京では計画停電が今年冬まで延長になりそうです。劇場にどれくらいの電力が届くのか。そうなると照明を入れなくても、歌えば良いのか・・・。
でもとにかく私たちは公演が出来る状態ではあります。どうぞ沙羅さんも大変でしょうが、お体を大切に頑張ってください。頑張ってくださいって、あんまり聞きたくない言葉だということも聞きました。でも、そういうしかないのかも・・・。御無事をとにかく祈っています。こちらから何か送るべきものなどあればおっしゃってくださいね。御無事を毎日祈ります。
by kuniko_maekawa | 2011-03-21 11:22 | 心のつぶやき | Comments(6)