緊急告知!

★しばらくトップにおいておきます。新しい記事はこの記事の次に更新しています。

いつも私のブログを読んでくださっている沙羅さんのブログ「さらさら草紙」記事をアップします。どうぞ皆さんよろしくお願いします!


お願いです。
今、福島原発が、とてもとても大変なことになっています。

でも、お願いは、その原発をどうにかしてじゃなく、
この原発の問題が、2次的被害ともいえる状況を作り出していること、
それを救って欲しいと思っているのです。

現在、第1原発の20キロ圏内は、退避指示で住民はいません。
(住民は、です。伝聞ですが消防などは残っているそうです。
頭が下がります。)

その先30キロ圏内は、屋内退避です。
これは、できるだけ家の中にいて、その場に退避していろ・・・というもの。
そんなこと、できるわけがありません。
当然、逃げ出せる人は、自主避難をしています。

自主避難をできるのは、移動手段がある人が、まず最初でしょう。
今日のニュースでは、行政がバスを出していると報じられました。

でも、取り残される人はいます。
動けない人たちです。
特養に入所中のお年寄りたち、病院に入院している病人、
家にいても体の不自由な人などなど。

この人たちは、できれば避難したいでしょう。
でも、当面は屋内退避を続けています。

さて、ここで困った事態が発生しています。
30キロ圏内に入るところで、規制線が引かれ、中への
物資輸送が滞っているのだそうです。

30キロの規制線まで、中から取りに来るようにとのことです。
ありえません。

さらに、特養には職員が泊まりこんでいるそうですが、
物資がなく食料も底を着きそうだというのです。
職員は、すでに人数も少なく、極限状態との報道です。

お願いです。
どうぞ、今いる隣の人、職場の仲間、ご近所さんに、
屋内退避30キロ圏内が、そんな状況になっているとお話下さい。
そして、その話がどんどん広がり、燎原の火のごとく、政府に届く
ことを期待しています。

見殺しにしないで下さい。
原発はきっと何とかなります。
たくさんの勇敢な人たちが、今頑張ってくれているのですから。

でも、その周りで現に今、飢えで亡くなるかもしれません。
寒さで亡くなるかもしれません。

規制線を張る意味がどこにあるのでしょうか。
30キロ圏内でも、現状、トラックで物資を届けるくらいなら、
死にはしません。

運転手さんが怖がる気持ちはよく分かります。
誰だって逃げたいのですから、その中へ入っていく勇気など、
私にもないです。

でも、しっかりと物資を輸送し、人員を派遣しなければ、
確実に人が死にます。
放射能ではなく、物資がないために。

それに、放射線量が発表されていますが、福島市が最大21マイクロシーベルト
を示している時にも、南相馬市は、2か3マイクロのようです。
さらに、文科省が昨日発表していた25キロでも、80マイクロです。
これは、すぐにどうこういう値じゃないようです。

物資輸送位できると思います。
民間が無理なら、それなりの公的機関が受け持ってください。
お願いです。

すでに、避難してきた寝たきりのお年寄りが、14人も
一時避難先の高校で、亡くなるということも起きています。
これも、詳しいことが分からないので、はっきりといえませんが、
無理な避難だったのではないかとも、思います。

病院で寝たきりでいるお年寄りを、転院先も定まらないまま、
バスに乗せて、寒い高校の校舎に避難させることが、
本当に必要だったのでしょうか。

少なくとも、放射能のために死ぬのではなく、移動のために
亡くなったと考えても、いいのではないでしょうか。

まだまだ、きっと大変なことが起きているはずです。
今、私に出来るのは、皆様にこうして呼びかけることくらいです。

お願いです。
今、福島第1原発から30キロ圏内で起きていることに目を向けて、
お隣の人と話してください。
たくさんの人と話してください。
報道される言葉を聞いてください。

お願いします。」

本当にお願いします!
新聞では発表されないこともたくさんあります。
都内の被害も液状被害もほとんど放送されません。
皆さん、どうぞ声を掛け合いながら頑張りましょう!
[PR]
Commented by 沙羅 at 2011-03-22 22:13 x
ありがとうございます。
たくさんの人に知っていただいて、声が届きそうです。
私は、避難もせず、家にいて普通に暮らせるだけでも、幸せでした。緊張の日々ももうすぐ終わることと思っています。
Commented by kuniko_maekawa at 2011-03-23 12:40
★沙羅さん、こんなことしか出来ませんが、どうぞいつでも当ブログを御活用ください。東京も23区は停電から外されていたりして、あらぬ差別に怒っている人も。すべてが政府のやることでありますが、こういったことからも風評被害が広まると思います。どうぞお心を強く持ってくださいね。毎日祈ります。
by kuniko_maekawa | 2011-03-28 10:46 | 心のつぶやき | Comments(2)