人気ブログランキング |
ブログトップ

言の葉のいずるよりも前にきみが好きだった

台詞というもの

前もそんなこと書いたような記憶があるな~・・・。

って言うか、これだけブログも書いてると、年間やることに代わりが無いわけですから、いつの間にか同じことを書いてますね(笑)。

昨日仙台から戻ってきて、今日はちょっとへたり気味でお休みしています。

稽古自体はとても楽しく、歌い手さんもピアニストさんも、本当に良いレベルの方々が集まっていますから、とても楽しい(^^)。

ま、台本と訳詞が自分の創ったものなので、事あるごとに赤面しているというのを除けば・・・ですが(^^;)

ところで、この台詞という物が私は非常に好きです。

多分、根本は人が喋っているのが好きって言うことがあるのだと思いますが、昔から、小節や漫画を読んでいても、結局はまるのは登場人物の台詞で、その言葉に自分の語感がハマると、その作家が好きになると言う感じでした。

今は少々大人になったので、台詞と言うよりも、その作家の文章の流れみたいなものと内容に惹かれて小説は読みますが、やはり心に残るのは台詞です。

映画はまだ絵を観ていますが、芝居は最たるもんで、目では無く言葉で観ている感じが大ですね。

好きな台本作家ももちろん居ますし、自分で喋っている言葉や、書いている言葉にも影響があります。

この「台詞」が好きな理由はもう一つ。

とにかく「自由」だから。

なんと言うか・・・「その時、その場所で、その人が喋る言葉は、その人の心が感じることで、どんな言葉がその頭に浮かんでくるかは、喋ってみないとわからない」・・・的な自由さを感じているのです(わかります?^^)

これはですね、オペラのリブレットであろうと同じことが言えると思っており、だからこそ、歌い手が違えば、聴こえてくる言葉と音楽が違ってくるという醍醐味を感じていますが、もっと言えばオペラの場合は、単純に自由とは言えず、実は自由さと不自由さが相まっているものというところに魅力を感じています。

芝居では、行間は喋っている役者のものだけれど、オペラにおいての行間は、ずっと流れている音楽です。

そこには作曲家の意図がある。

オペラは常にベースにたった一人の人間の思い入れが存在しているのですね。

それを演奏者のパーソナリティーがオリジナルにしていく。

わかります?(笑)。

まあ、わかんなくても良いんです。それが私がオペラを創り続ける理由って言いたいだけなので(笑)。

そういう意味では、仙台でやるフィガロは、両方の面白さを感じています。

元々学校公演のために作った物ですから、「教育的にオペラとはなんぞや」的なことも必要と思い、オペラという形式を知るために、台詞とセッコを混ぜて構成しています。

こういう形を上演する時気をつけることは、喋っている台詞と歌っている台詞のテンションが変わらないこと。

歌い手さんの常として、やっぱり歌っている方が体のテンションは高いです。
当然ですね。身体が楽器ですから。

しかし、これが台詞になると急にテンションが下がるのでは面白くない。

同じ口から出ている「音」なんですから、喋ろうが歌おうが、同じテンションを持っていたい。

そのために、歌と台詞の間を極力切らないで創ってもらっています。

息の使い方が同じであれば、絶対にテンションは変わりません。

そうするためには、ずっと身体に風が回っているように、動きも喋りも歌うことも同じレベルで流れているのがベストです。

実は、こういう形式のものを作っている時が一番楽しい(^^)

音楽だけでは作曲家の言葉に捕らわれて、楽譜に思い入れが入っちゃうし(^^;)、台詞だけだと、どこまで自由になって良いのかわからず、開きっぱなしになっちゃって収集つかないし(笑)、一人の歌い手を軸に、喋って歌って、音楽を追いかけているのは結構楽なんです(^0^)v

やっている方は多分すごく大変だと思いますが、皆さん、良く着いてきてくださって、昨日の通し稽古は、まだまだ粗立ちにも関わらず、かなり楽しかったです!

今週末、また仙台に行って固め稽古をしたら、10月の一週目に通し稽古をやってその次の週に小屋入りです。

東京では少ないと思う稽古回数ではありますが、それは逆にいつでも集まれるという甘えの下にある回数だと思います。

地方では、皆さん、生活が8、稽古が2と言う割合で生活していらっしゃいます。

だからこそ、この「2」の割合がとても意味を持っていて、毎回すごい集中力です。

いつもの癖で多めに稽古がないと、なんて思っていた私の方が甘い。

本人たちの努力と、内容の良い稽古が出来れば、稽古回数は問題ではありません。参りましたっ!(笑)

さて、もう少し私がやらねばならないことはあります。

今日はちょっと休んで、明日からまた色々と準備を始めて土日はまた稽古場へ。

ああ~!ちょう~たのしい~!!(^▽^=)

しかし、一緒に行っている東京組みの男子が、まあ~食べる食べる!!!(@@)

この三日で有り得ない太り方をしたので、今度こそ節制しなければっ(笑)

まだまだ暑い東京だと思ってましたけど、風だけは秋の雰囲気になってきましたね。

9月も中旬。
今年はどんどん季節が過ぎますね~(^^;)

とはいえ、季節の変わり目。
お体御自愛くださいね~(^-^)
by kuniko_maekawa | 2011-09-19 15:40 | 演出家のつぶやき | Comments(0)

オペラ・レッスンのこと、演出のこと、舞台や絵画や色んなことを書きまくっています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30