人気ブログランキング |
ブログトップ

言の葉のいずるよりも前にきみが好きだった

オペラを公演する意味

土日を通して愛媛の松山にいました。「オペラえひめ」と言う団体がありまして、その団体の定期公演の構成をお手伝いさせていただいているので、お稽古のためです。まだ定期公演としては第二回目で、来年は「こうもり」を上演する予定。今年は、その前哨戦として、プッチーニ、ヴェルディのハイライト。それから「こうもり」の2幕を構成舞台にして、上演し、来年に備えようと言うわけです。お稽古自体は二日間で2部構成のものをつけるわけですから、大変でしたが、なんとか仕事を終えて帰ってきました。
さて、私は今、三つの稽古場を掛け持ちしています。それぞれを観てみると、オペラを上演する意味ってなんだろうかと、つくづく思います。一つは、研究生の修了公演です。これは、この先オペラ歌手になりたい人たちに、第一歩を踏ませるために、稽古をしています。ですから、主体は当然のことながら、研究生。決まった授業時間のほか、自主稽古なども含めて、3月の本番まで、毎日何かしら稽古が入ってきます。しかし、この修了公演の本当の意味は、客から学ぶと言うことだと私は思っています。これは先の「魔笛」でもそうでしたが、お客様とのコラポレーションがうまくいけば、それが一番歌い手を育てるのです。オペラ歌手としての一歩を踏み出す彼らに、そのことがどれだけ大切か、わかってもらうことが修了公演をする大きな意味合いだと思います。もう一つは、新国立劇場の稽古場。2月にある本番のアシスタントで入っていますが、ここは、まさにオペラを上演することが、仕事の「劇場」です。歌手も、スタッフもプロ。商業的に成功させるために、稽古場はあります。ですから、歌手達も、スタッフも高いレベルを要求されますし、そのレベルを持って稽古場に入って来る努力をしています。クオリティを要求されるのですね。しかし、現在この劇場は転換期であり、システムの改良など色んな問題も生まれています。上演作品も多いですし、チケット公益も、あまりないとか・・・・。再演を繰り返して、リピーターがつけば良いですが、元々オペラ人口の少ない日本。本来なら、普及のために国立劇場はあるのではないかと思うのですが、ここでの上演の意味は何なんでしょう?
そして、オペラえひめ。地方のオペラ団体にある大きな問題は、団員個々の抱える、生活とお稽古場での温度差です。会員の皆さんはそれぞれ仕事をもっており、なおかつ、愛媛の場合は、稽古場までの距離が遠い方が多く、基本的に松山でお稽古しても、稽古場まで、車で1時間とか2時間とか、かかります。そうなると、お稽古できるのは週末のみ。つまり、稽古場で受ける刺激よりも、日常生活のほうが割合が多いわけです。これは、中々大変なことだと思います。皆さん、やる気満々で、素晴らしい声の持ち主も多く、お稽古を楽しんでくださっていますが、次の稽古まで、まったく違う生活をしていると、そのモチベーションが上がるまでに、時間がかかって、結局膨らますことが、難しくなります。詰めなければ、こなせないし、何より精神的なテンションが上がらなくなるのです。それでも、オペラがやりたくて、皆さん集まってくる。この土日の稽古は感じるものがありました。
どの稽古場でも、基本は「オペラが好き」だと言うことでしょうが、私はオペラえひめのような、日常の中の、オペラを思う気持ちがすごく良いと思いましたし、好きでした。もちろん、クオリティを求めれば、もっとやらなければいけないことはあると思います。でも、始まりは「やりたい」と思う強い気持ちです。逆を言えば、それを一週間思いつづけて、恋焦がれるように、稽古場に彼らは来るのです。その気持ちに答えられるモチベーションがこちらにあれば、やはり良い公演になるのだと思います。外側ばかり大きくて、中身の無いどこかの稽古場に比べれば、天国のよう(;;)
難しいのは、その「日常の中の、オペラを思う気持ち」を、どこまでお客様のために使うかです。「好きだから、やりたい。聴いて欲しい。」をベースに、「楽しませたい、感動させたい。」と言う気持ちが、どれだけ育つか。本当に、頑張って未来をつなげて欲しい団体です。そして、同じように、気持ちを持ってくださるお客様を育てて欲しい。そうすれば、きっと松山にも素敵なオペラの芽が芽吹くと思います。本当は、私達スタッフが今やらないといけないことも、こう言った芽を増やすことかもしれません。そうでなければ、今の日本でオペラを上演する意味って無いような気がしています。だって、まだまだ発展途上国なんですから。学ぶべきことは山積みです!
Commented at 2006-02-02 01:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by kuniko_maekawa | 2006-01-31 00:33 | トレーナーのつぶやき | Comments(1)

オペラ・レッスンのこと、演出のこと、舞台や絵画や色んなことを書きまくっています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30