3月は、派遣と胃痛とストーカー・・・

早いもので、3月になってすでに13日。

気温も上がって、着実に季節が進んでますね(^^)/

2月から、「普段通りの生活を」、ということで、派遣社員を開始しました。

自宅から近いところで、駅から勤務先まで歩くにしても、ドアツードアで約40分。

仕事も地味で私好みではありましたが、問題が多々・・・

おかげで、久しぶりに胃腸炎勃発。

一つは、一緒の勤務をしている派遣同僚に付きまとわれて、精神的に折れたこと。

もう一つは、よくあるSVや管理者からの過度の期待を受けて、結局仕事場のチーフみたいな雰囲気?でいつも仕事をしていること。

それらが合わさって、3月に入ってから、胃が痛いわ、頭が痛いわ・・・
昨日も、夜中に頭痛がひどくて寝られず、今朝起きたら胃が痛くて撃沈。

朝から一口も口に入れてないです・・・・。

仕事内容は別に嫌いじゃないし、通いやすいし、いいんだけどね~。

母を実家に戻して、自分だけの生活をやっと取り戻したかと思いきや、いつもいつも、かかわってくる人や物事に翻弄される感じ(^^;)

ほんとだったら、3月11日、ロンドンでリーディング・パフォーマンスをしているはずだった。

やんごとなき理由で延期になりました。

もちろん、その理由は納得してるし、しょうがないことだと思ってますが、同僚派遣社員のストーキングとか、職場の管理のずさんさで結局祭り上げられていることかで、胃を痛くしてるはずじゃなかったと思うと、落ち込む。

もちろん、リーディングは続いているのですが、気持ちが向かないよね。

同僚社員は、最初は話したかったらしくて、自己紹介をしてきて、そのあと「MACのシステム使ってるからWINのシステムがわからない」から始まって、休憩の時も、お昼ご飯の時も、仕事を新しく教えてもらったとか言うことさえ、一々報告してくるべったりぶり。

そして、次の仕事の日に、いきなり私をあだ名で呼ぼうとする幼稚さ。

その呼び方は嫌いだというと、「じゃあ、なんて呼べばいいの?」

普通に呼べ。

どう考えても、40代か、50代のおっさんがやることじゃない。
でも、そいつは、その幼稚さで社会生活まともにできなかったんだろうと思われることを、その後たくさんやってくれました。うんざり・・・(--)

同じ駅で降りるので、買い物したり、自転車置き場でも姿を見るし、それだけでも被害にあってると思いますよ、ほんとに。
大体、女房持ちのくせに、なんで付きまとうんだ!

家に帰れば幸せな時間があるってことも、頭にくる~!

2年くらい前に私を貶めた、新興宗教自称音楽家も結局自分と同じレベルの低い女房もらって、幸せにやってるわね。
パワハラしてくる奴らは、思い通りにならないやつに固執するってこと。

しかし、そんなことで私生活が脅かされるのは割に合わないので、まったく無視をしてますが、なんだってこんなことに巻き込まれているのか・・・

職場は職場で、ちょっと仕事に問題が起こった時に、管理者にどうすれば良いのかを話したらば、「自分で考えてやれ」

おいおい、普通オペレーターはSV指示でしか動けないんだぜ!

そしたら、後々そう言ったことを謝ってきて、「前川さんは、管理者の中でしっかりしてるという暗黙の了解があるから」

「暗黙の了解」ってなんだよ!
もちろん、異議を唱え、派遣の営業にも言いました。

でも、ほんとに、そんなことに自分の才能使いたくないんだって~(@@)

それでも神様は扉を開かれない。

母の遠距離介護は、ありがたいことに普段は手を離すことができていますが、それでも、2か月に一回くらいは帰らないと、もろもろの処理がある。

いつになったら、本当に心に叶った日々が取り戻されるのか・・・・

私、そんなに矜持が強かったのかな。

才能に誇りを持つことが、そんなにうざかったり、怖かったりしたのかな。

周りが付いてこれないくらいの誇りを持っていることが、そんなにいけないことだったんだろうか。

・・・・・考えるのはやめよう。
胃が痛いわ・・・・

4月にはまた下関へ帰ります。

何も考えないで、創作だけしてける生活が本当に望みですよ、神様。

今日も祈りつつ。。。。

[PR]
by kuniko_maekawa | 2018-03-13 11:00 | 心のつぶやき | Comments(0)