日雇いということ

先週から日雇いバイトをやり始めた。

登録だけしておいて、メールで送られてくる作業系の仕事に応募して、帰りに手渡しで賃金をもらってくる。

オペラ演出家やオペラトレーナーを志していたとはとても思えない。

享受している自分が笑えるけれども、結構この形態が気に入っている。

先ず煩わしくない。

良いか、悪いかだけの判断で仕事を選ぶ。

嫌ならやらない。

やればお金がその日に入る。

プライドはない。

舞台の仕事がなくなった、何年か前はそのプライドにしがみついて、イライラしていたけれども、今は、物理的にお金がいる。

お金貰うのに必死ですよ、いや、ほんと(笑)

母が8月から入院して、その費用に月20万はかかる。

年金で払うには限度があるのと、自分の生活費、家賃、負債がある。

つまり、先月から私はいきなり借金まみれになっちゃったのだわ(@@)

月、50万くらいないと立ち行かなくね?

大きな理由は、4月から全く派遣仕事が見つからなかった・・・・のを餌に、年金を使い果たしたことにあります。
すみません(^^;)

でも、なんか病気だったのかもとも思う。

金銭感覚もあんまりなかったから。

毎日ぼ~っとただただ在宅で出来る仕事を探して、日雇いまではたどり着かなかった。

もっと必死にならなきゃいけなかったのに、やらなかった。

自責です。

その付けが今、一気に来てるというわけですが、背に腹は代えられない状態にならないと必死に稼がないのを神様はご存知だと思いますよ。

有難い友人がその都度助けてくれて、難を逃れていますが、それも辞めたい。

つまり、私はまっとうな金を使える人間に生まれ変わりたいわけです。

そこに頑張ろうと思っています。
そこに生きる理由を見つけたいと思っています。

母をもう一度東京に引き取ること。
何も考えずに働いて、借金を完済すること。

60代からの私をもっと前に進ませたいこと。

今なら頑張れると思う。

今日は、日雇い仕事がうまくはまらず、ずっと休んでなかったので休んでます。

ようやっと、こだわりや矜持やいらないものだと身体が納得しつつある(笑)

今から本当に人生を頑張ろうっと。

自分で稼ぐ喜びをやっと知った55歳の秋でありました(笑)
e0022232_09200261.jpg

[PR]
by kuniko_maekawa | 2018-09-27 09:20 | 心のつぶやき | Comments(0)