人気ブログランキング |
ブログトップ

言の葉のいずるよりも前にきみが好きだった

「蝶々夫人」in ピアノデュオ

昨日、三鷹の芸術文化センター風のホールで「蝶々夫人」を観てきました。
これは平野洋子さん、今野菊子さんと言うピアニスト達が、自分達で立ち上げたオペラ公演で、コンサートホールでしたが、演出、照明ときちんとした公演の形態でした。
舞台上には二台のピアノがを中心に形と高さのちがう段が組まれており、歌い手達は下手(舞台を正面から見た左手)の方に据え置かれた、ちょうど畳2枚か3枚くらいの台の上を中心に演技をします。指揮はステージ下。公演名どおり、ピアニストをメインに考えた舞台構成です。
「蝶々夫人」は「ある晴れた日に」など有名なアリアもありますから、皆さんご存知かと思います。明治初期の長崎。アメリカ人海軍の軍人ピンカートンが芸者の蝶々さんを「花嫁」として迎えます。しかし、彼は任期が切れてアメリカに。ずっと彼を待ち続けて3年。その間に、仕送りはなくなり、生活にも窮していますが密かに産んだ彼の子供とともに、蝶々さんは頑固に生活を変えません。求愛を続けているヤマドリと言う金持ちにもなびきません。そこへ、ピンカートンが戻ってくるとの知らせが。喜ぶ蝶々さんは結婚式の時に来た婚礼衣装に着替えて夜明けまで彼が来るのを待ちます。しかし、彼が来た時には母国で結婚した妻を伴い、しかも、蝶々さんの最愛の子供も引き取りたいと言う始末。結局子供は引渡し、蝶々さんは自害して果てます。なんと言うことでしょうね。「嫁」として迎えるなんてありえないことで、結局は芸者を買っただけなのですが、それを信じて捨てられて、尚待ち続け、挙句の果てに子供まで奪われて自害。
作曲はプッチーニです。彼は直接日本を知らず、日本領事館夫人と実際に日本にくらしたイギリス外交官夫人の書いた小説をもとにこのオペラを書き上げました(と、記憶しています)。ですから1幕の結婚式の場面など、日本のしきたりもある程度かきこまれており、しかし、外人の見る日本という、変な世界がそこにあります。ですが、私達日本人にはなじみの風景。そして、何より犠牲的精神を大いに感じさせるものがありますので、人気のあるオペラです。加えて、蝶々さんが日本人だと言うことで、海外でもこの役は日本人歌手が多く歌います。色んな意味で私達には大切なオペラかもしれません。そして、音楽が素晴らしい!ある意味ドラマチックな内容に加えて、プッチーニの音楽が本当に綺麗で、壮大です。中に日本民謡やどどいつのような音形もちゃんと加えられて日本情緒もかもし出していますが、やはりイタリアオペラです。音楽観がとても広い。
さて、今回は本当にこのピアニスト達と指揮の福森湘氏が素晴らしい音楽を創っていました。福森先生は、藤原の研究生でもお世話になっていますが、ずっと藤原の夏の文化庁主催の公演で「バタフライ」を指揮なさっていました。私もそれに演出助手として参加していましたが、その時もこの日も、本当にきっちりと音楽が作られており、ほぼ楽譜どおりです。つまり、作曲家の要求どおりの音楽がそこに現れているのです。オーソドックスと言う言葉を馬鹿にすること無かれ、これが非常に難しいことです。音符一つ、休符一つ、その意図を汲んで演奏して御覧なさい。ちょっとやそっとじゃ出来ません。やる方の力量と才能と、実技が必要です。それをきちんとわかってご自分の「バタフライ」を演奏なさっていました。そして、ピアニスト達がそれに添って、自分達の実力を遺憾なく発揮して、しかもオーケストラのパートをピアノ2台で弾くわけですから、当然いろんな楽器の音を2台で分けて足していきます。そのバランスも音も素晴らしかったです。二人の実技のレベルの高さも感じますし、尚且つ、音楽観の広さと感性の良さを感じました。たとえピアノ2台でも、こんなに厚い音楽が創れるのだと、改めて感動しました。しかし、残念ながら演出がこの音楽を殺してしまっていました。これに関しては、好みと主観がありますので、必ずしもお客さんがみんな私と同じことを感じたと言うわけではないと思います。そこをお間違えないように。
合唱団、ソリストを最初から舞台に配置し、彼らが舞台背景になったり、親族になったり、色んな形をかえていきます。照明が落ちると子供らしき人が出てきて網で蝶々を取ると演奏が始まります。その子供らしき人はずっと上手に位置して何かやっていました。こう言った合唱団の動きや子供の居方がすべて邪魔です。目が奪われてしまう。バタフライ、スズキ、ゴローも現代服でドレスやスーツでした。しかし、動きは着物を着ているような裁きだし、ト書きどおりのところもあれば、まったく勝手に作ってしまってるところもあり、演出家が何をしたいのか一貫性もなくわかりません。全体にイマジネーションの世界で、音楽とは関係なく無理やりそれを観させられている感じ。1幕の途中で舞台を見ていられなくなり、目を瞑って音楽を聴いていました。その方が、よっぽど場面を感じることが出来ました。これがどういう事か、皆さんにわかると嬉しいですが。いずれにしろ、こう言う舞台を観ると、反面教師で私がやる時は絶対に音楽の邪魔になることはしないと決意が新たに成ります。オペラですもん、音楽を楽しみに来てるのに。イマジネーションを見せるなら映画でいいじゃないですか
私の持論は耳に入ってくる無意識の物にこそ、神経を注ぎレベルを上げるということにあります。舞台で起こって来ること、つまり目で見えるものは誰だって故意的に見ることが出来ます。でも、耳に入ってくるものは無意識です。いつのまにか聴いている。だからこそ、心地よいもの、素晴らしいものでなくてはいけません。加えて、それが頭を刺激し、想像力を刺激する。目の前でいくら花火が上がっても、耳に入ってくる音が美しければ、花火が邪魔になりませんか?そう言う意味で、観ている方の耳や目や頭を塞いだ演出でした。
しかし、そう言う舞台でも、出演なさった歌い手達によってある程度のレベルまで引き上げられていました。特筆すべきはバタフライの山本真由美さん、シャープレスの柴山昌宣君、そしてスズキの細見涼子さん。非常に細かいことまできちんと芝居をし、歌唱もすばらしくこちらの耳を満足させてくださいました。だからこそ、もっと彼らの能力を最大限引き出すことが出来たはずです。真由美さんは容姿も美しく、1幕から一貫して可愛らしい蝶々さんでしたが、少し線が細く感じました。儚げでしたが、台詞に近い歌唱の仕方が時々あり、単純に言葉が消えてしまったのが残念。しかし、最後のアリアは圧巻でした。やはり素晴らしい歌い手さんです。
柴山君は何回か記事でも書かせて頂いてますが、本当に身体能力の高い方で、今回も彼の創ったシャープレスをきちんと演じきって、尚且つ美しい響きの声で歌唱の説得力も十分に持っていましたから、圧倒されました。しかし、この役にしては少し動きすぎの感があり。やはりできる人だけに、つい・・・という一歩がもう一つ収まれば、もっと素晴らしかったと思います。
細見さんは非常にお芝居の感が良い方でブッファもセリア(シリアス物ですね)すべてこなせる幅の広さをもっています。そして、声が本当に良い。メゾの深さと息の軽さがありますから、一貫して音楽が崩れません。3幕など秀逸でした。和服でオーソドックスなスズキを是非観たいです。日本人の体系として、メゾとかアルトと言う女性の低いパーツは中々優秀な人が出てこないのですが、これからもどんどん舞台で聴かせていただきたいと素直に思える歌い手さんです。
しかし、三人とも私が言うまでも無くかなりハイレベルな人達なので、是非、皆さんも一度はその歌唱をご堪能ください。きっと納得されることと思います。
さて、今回若い歌い手さんも、公演に参加していました。ボンゾの山本竜介君、神官の折河宏治君、そしてケートの馬場美由紀さん。みな、藤原歌劇団の準団員で、これからを期待したい人達です。一人一人の課題がそれぞれ違いますが、研究生機関を出て、3年から4年経った彼らの共通する課題は、音楽観を拡げることです。一生勉強は続けなければいけません。しかし、ずっと頭の中に「勉強中」を置いていては、まずプロではありません。自分達のレベルを認識し、それに自信をもったうえで、さらにレベルを上げるために勉強する。そろそろ、その「自信」みたいなものが見えてきてもいいかなと思います。山本君は地道に努力をし、今現在声を創つつも、その声が段々磨かれてきて、音楽が作れるようになっています。感性も悪くなく、立ち方や芝居にセンスが見られるので、頑張ってこのまま声を作り続けていて欲しい。今回もボンゾの一声がすごく良い響きで伸びていました。折河君は藤原の本公演にもすでにデビューしており、来年の藤原公演「蝶々夫人」で同じ神官をやります。名実ともにこれからの藤原歌劇団を担うバリトンですが、それにおごることなく、こう言う小さな公演や研究生の助演などで経験と勉強を続けています。素晴らしい声の持ち主で、今回も最初の一声に正直耳を刺激されましたが、テクニックと言うことに関してはまだ訓練が必要です。ちょっと不器用ですが、頭もよく、環境にも恵まれているので焦らず今の勉強を続けて大きな歌い手になって欲しいですし、なると思っています。そして馬場美由紀さん。役付きで舞台に乗るのは久しぶりです。オペラをずっとやりたくて頑張っていますが、女性は本当に厳しく、先の二人に比べれば、全然場がありません。しかし、地元でのコンサート活動や、レッスンなど、自分を磨く勉強は頭が下がるくらい続けています。元々持っている美しい声と、それに見合った美しい容姿があり、これにメンタル面での強さが加われば、もっと伸びるでしょうし、これからが期待できます。今回が本当に良い経験になっているのを感じました。
彼らに共通して言えることは、もっと自分達の音楽をアピールすること。そして大きな音楽を創っていく人間と実力を育てていくこと。是非頑張って欲しいです。それにしても、先のピアニスト二人に本当にどれだけ拍手を送っても、足りません。こう言った「場」を起こすことは、ちょっとやそっとではいかないのです。エネルギーや、経済的なことや、そして、何より、ご本人たちの実力だって、落とすわけにはいきません。普段は表に出ている人達が、こう言った裏方の事までやること自体も、大変なことです。本当に、おめでとうございます。色んな意味で、行って良かったと思った公演でした。
by kuniko_maekawa | 2005-08-06 13:47 | 観劇日誌 | Comments(0)

オペラ・レッスンのこと、演出のこと、舞台や絵画や色んなことを書きまくっています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30