人気ブログランキング |
ブログトップ

言の葉のいずるよりも前にきみが好きだった

息を作ること

今日から絨毯座オペラ・プラスの第二回目に入りました。

演目はモーツアルト作曲「ドン・ジョヴァンニ」

先の「ポッペア」とやることは同じですが、楽曲の時代と様式が違いますから、もちろん、アプローチを変えて行きます。

今回は受講者も、一人を覗いて、全然知らない人たち。

ある意味新鮮ではありますが、どう彼ら、彼女らの方向性を作ってあげればいいのか、そこも大切な仕事となります。

今日は、第一回目として、リブレットと音楽的な解釈とをやっていくつもりで、最初に全員の箇所を歌ってもらいました。

さて、今回の受講者は、まだ学生さんもおり、楽曲を作るということが、全く未経験の人が大半。

それで、歌を聴いても、場面の中の音楽はやはり聴こえてきません。

まず、自分達が歌うことで一生懸命になってしまいます。

しかし、それでは中々先に進みませんので、失礼ながら、少し風通しが良くなることをやらせていただきました。

楽曲にはそれぞれ表記記号があります。

例えば、アッレグロとかアンダンテとか。

今回も、楽曲の中に「アッレグロ アッサイ(Allegro assai)」と言う表記があります。

これは「充分に快活に」と言うことですが、この表記がありながら、彼女達の音楽は止まっているように感じます。

それで、表記の説明をして、「実際に音楽に合わせて、アッレグロ アッサイで息をする」ことをやってもらいました。

これは、試してくださるとわかると思うのですが、音楽のテンポの中で快活に息をすると言うのは、かなり大変なことです。犬のような息遣いになる。

しかし、その息遣いを音楽が求めているということなんですね。

それくらい荒い鼓動があったり、テンションが高いということ。
そう言う場面を創らなければいけないということなんです。

この音楽の躍動感を感じて、初めて歌が成立することもあります。

ただ、音を追っていくだけでは表現できないことなんですね。

明日は、もう一度音楽を作ることをやってみます。

結局はオペラはそこに尽きるのです。音楽なんですものね。
Commented by aiko.o♪ at 2007-08-02 23:38 x
前川先生、こんばんは!
コチラには初めてカキコミさせていただきます。
今回ワークショップを見学させていただいて、いつも先生に見ていただいているレッスンを第三者の立場から見ていますが、「楽譜からいろんな情報を拾い上げたり、役がどういう感情を持っているのか、また、その感情をどうやって「伝える」のか、という事がどれだけ奥深いことなのか、少しずつ見えてきたような気がしました。
自分がレッスンを受けている時はなかなか見えてこないものが、他の人のレッスンを聴いていると自分なりに見えてくるものがあって、「私だったら、こういう息遣いをするな」とか「私だったら、ここの感嘆詞にはこういう言葉を入れるな」って言うのが少しずつ頭に浮かんでくる様でした。
でも!!いざ自分が「フィガロ」のレッスンを受けると、それがなかなか出てこないのは、作品に対する理解不十分なのと、ある意味「探そう・見つけようとしない」自分が未熟すぎるのだろうと思います。
Commented by aiko.o♪ at 2007-08-02 23:38 x
お忙しい中時間を取ってくださる先生にはとても失礼なことですが、今までの私は、ただ単語の意味を調べればいい」「ただ訳せればいい」っていう気持ちでレッスンに臨んでいたと思います。
でも、これからは、「ただ~」っていう『作業』をするのではなく、自分が読み取った事から感じ取れるように、しっかりと楽譜を見て勉強したいです。
自分の想像力や発想力の乏しさに、とっても未熟さを感じます。
本当、悔しい!!!
そんな自分を変えられるよう、レッスンでも頑張ろうと思います。
今回は本番が近いこともあり、限られた時間の中で限られた部分しか見ていただいてませんが、本当はもっともっとゆっくり時間をかけて、作品の隅々を見たいと思っています。


長いコメントですみません。
レッスンを聴講する前に自分の勉強をもっと進めることが先だ、というのは分かっていますが、今回聴講出来て本当に良かったと思います。
明日はドン・ジョヴァンニの最終日ですが、いろんな事を学んで帰りたいと思います。

これからも、よろしくお願いします。
Commented by うさぎ屋店主 at 2007-08-02 23:56 x
aikoさん、わざわざコメントをありがとうございました。嬉しかったですよ。このWSが、見ている人や、受けている人たちに、何を提示しているのかは私にはわかりませんが、何かを感じてくださっているのならば、それが一番です。レッスン、頑張りましょうね。ありがとうございました。(^^)
by kuniko_maekawa | 2007-08-01 23:59 | トレーナーのつぶやき | Comments(3)

オペラ・レッスンのこと、演出のこと、舞台や絵画や色んなことを書きまくっています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30