人気ブログランキング |
ブログトップ

言の葉のいずるよりも前にきみが好きだった

鹿児島オペラ協会公演「メリーウイドウ」

3月15,16日、鹿児島オペラ協会で「メリー・ウイドウ」を公演します。

鹿児島オペラ協会は40年近いキャリアを持つベテラン団体。

栗山昌良先生や、松本重孝先生など、名だたる演出家とお仕事しながら、スタッフワークも歌い手も時間をかけて育ってきた感じがあります。

今回は不肖前川がこの大役をおおせつかって、ただいま演出家として関わらせていただいています。

最近、ブログで「鹿児島に行く」と書いているときは、この団体にお稽古に行っている時。

本番まで2週間とちょっととなってきました。

さて、ご存知の方も多いと思いますが、「メリー・ウイドウ」はレハール作曲のオペレッタ。
ハンナは莫大な遺産を相続した未亡人。
架空の国、ポンテヴェドロの公使ツェータはこの遺産を国家予算とするために、未亡人と彼女の元恋人で、公使の秘書軍人であるダニロに彼女との結婚を命令します。
元々は愛し合っていた二人、しかし、お金目当てといわれることと、国家の使命というのが気に入らない、恋の鞘当を軸に、大人の恋愛が語られていきます。

有名な「ヴィリアの歌」や「メリー・ウイドウワルツ」など、皆さんも耳になじみの深い曲も多く、本当に楽しいオペレッタです。

私はオペレッタは初演出。
台詞を扱うことは多いのですが、一本を通しては中々機会がありませんでしたから、毎回新鮮で楽しんで稽古をしています。

今回の出演者の方々も、本当に楽しんでらっしゃって、それぞれお仕事を持ちながら、稽古場に対して真摯に頑張ってらっしゃいます。

さて、今回の私のコンセプトは「綺麗、楽しい、気持ちよい」この3点に尽きます。

オペレッタはとにかく楽しくなくちゃいけません。
踊りも台詞も曲も、どれもが夢を見ているような楽しさ、綺麗さが必要。

それと物語が単純に進むことです。
深く考えすぎないで、怒っているのか、笑っているのか、泣いているのか、それがどうしてなのか。お客様に単純にわかることが大切。

まるで漫画を読んでいるように、映画を観ているように、一瞬ワルツの調べに日常生活を忘れさせる。これが出来れば大成功です。

今回はダンサーを入れませんでしたから、カンカンの場面も協会の若い女の子たちが頑張ります。振り付けの先生がセンスの良いステージングを作ってくださいました。
e0022232_14225369.jpg

e0022232_1423330.jpg

e0022232_14231347.jpg

頑張ってますよ~!

舞台はこんな感じ。
e0022232_14103794.jpg

e0022232_1410475.jpg

e0022232_14105894.jpg


今回の舞台美術は本郷友美さん。
以前、新国立劇場小劇場で「イタリアのモーツアルト」と言う舞台のアシスタントをやった時に、ご一緒しました。その時の絵が中性的で力強く面白かったです。
今回は柱がメイン。これをどう綺麗に扱うかが要ですね。

衣装は私がプランニングをし、坂元和子さんと言う衣装制作の方が形に起こしてくださいます。
踊り子さんの衣装が出来ていました。
e0022232_1414031.jpg

e0022232_14141238.jpg

すごいでしょう~???
丁寧な仕事をしてくださる方です。

今回はいろんな意味で手作りをしています。
照明は現地の方。
でも、お話しするにつけ、舞台を愛している職人さんなんだとわかってきてて、今から明かり合わせが楽しみなんです(^^)

このお仕事は、私にしては規模が大きい仕事。
いつも以上に経験値を上げています。
体力、知力的には大変ですが、きっと本番は大成功です。
沢山の人たちが、この公演を愛してくださって、守ってくださっていますから。

明日はまた鹿児島へ。
この土日が終われば、次は本番までの最終詰め稽古です。

鹿児島周辺の方々、是非、いらしてください。
宝山ホールでやっております。ホールのHPに情報があります。
本当に楽しんでいただける舞台です!
出演者ともども、皆様のご来場を、心からお待ちしています(^^)
by kuniko_maekawa | 2008-02-29 14:19 | オペラなお仕事 | Comments(0)

オペラ・レッスンのこと、演出のこと、舞台や絵画や色んなことを書きまくっています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30