人気ブログランキング |
ブログトップ

言の葉のいずるよりも前にきみが好きだった

シアターコクーン「わが魂は輝く水なり」

GW最後のお休みはお芝居へ。

蜷川幸雄演出の「わが魂は輝く水なり」と言う時代劇です。

副題に「源平北越流誌」と付いているように、物語は平安末期の源平合戦の時代。

平家の武将、斉藤実盛は老齢の身で合戦の中で生きている。
敵は木曽義仲。
実盛はかつて義仲が幼少の時その命を救い、木曽山中の中原一族に預けたいきさつがある。
しかも実盛の息子、五郎は同世代の義仲、巴、中原兄弟と親交を厚くし、京に向かって兵を挙げた彼らの軍に身を投じていた。だが五郎は不慮の死を遂げ、今は亡霊の身となって実盛の傍に居る。
森の国に生まれ育った義仲軍の勢いは激しく、昔、彼らの輝きに触れたことのある実盛は、そのまぶしさを知っている。ついには、もう一人の息子六郎までも義仲のもとへ走ってしまった。
しかし、六郎がみた義仲軍の実態はあまりにも無残だった。
義仲は心を煩わせ、巴が代わりの大将として立ち、そして再び実盛も戦場へ・・・。

実盛に野村萬斎、亡霊の身となった息子五郎に尾上菊之介。
この二人の共演も気になったのと、蜷川さんの舞台を生で観るのは歌舞伎座の「十二夜」以来。

しかし、結構チケットがお高く、ここまでに3本ほど芝居のチケットを買っていたので、さすがに悩んでいたのですが、ふと、チラシをみたらば、照明プランナーが以前二回ほど一緒にお仕事した方。オペラでは何度も観てますが、お芝居の明かりを観たことなかったので、え~いとばかり。

これが当たりました~!

本当に面白かった。

まず、本が最高に好きでした。

脚本は清水邦夫。

確か木冬社(この漢字だったと思いますが)と言う劇団の作家で、昔良く観にいってました。

その時もかなり好きだったのですが、久しぶりに名前を観て、しかも、それを蜷川さんの演出で観れる。

かなり期待大でしたが、まさに、期待通り。

この方の作品は、独特のロマンティシズムみたいな言葉や物語の進み方があって、どんなに暗い話でも切ない話でも、夢物語を観ているような感じになります。

今回もやっぱりそういう感じで、久しぶりに感動。本当に好きでした。

蜷川さんの舞台は、いつも大河ドラマを観ているような壮大さがありますが、今回は半分夢か現かと言う世界観。

舞台セットは大きなふすまのような中割があって、それが紗ばりで透けています。
開くと満開の桜の木が一本立っていたり、岸壁だったり、と、しまっている間に場面が変わります。

一枚一枚の絵のようです。

清水さんの言葉が紡ぐ、夢の世界をしっかりと骨組みした感じ。

脇役の役者さんたちも本当に良く喋っています。

こういう芝居を観ていると、TVドラマであっても、舞台であっても、やっぱり必要なのは言葉の音。それが耳にどう響くかと言うことだけみたいに感じます。

本と役者がよければ、目を瞑っていてもドラマが想像できる。

それに良い舞台セット、衣装、照明を創って添えるのが演出家の仕事だと、蜷川さんの舞台を観ていると本当にそう思います。

これはまったく想像ですが、彼は本当は何もしない人なんじゃないかな・・・。

稽古場で灰皿を投げるとか、いろんな伝説はありますが、それは鼓舞させているだけで、役者の良い部分が出てくれば、あるいはうまい役者であれば、その役者がその気になることだけを手伝って、後は任せてるんじゃないかと思うんです。

それは歌舞伎座の「十二夜」を観た時に思ったんですが、元々歌舞伎役者さんたちには芸があります。役者自身が「芸」。

だから、それに任せて彼は確か10日くらいで「十二夜」を仕上げたと聴きました。

その時の舞台も恐ろしく綺麗だった。
その中で、尾上菊五郎初め、それぞれの芸が最高に光ってました。

って言うか、光るように舞台をそろえたって言うか・・・。

私が蜷川さんを追いかけるのは、その「何もしない」って言う舞台に感動したいから。

それが本当の演出家の仕事だと思っているからです。

萬斎さんと菊之介さんは、やっぱりうまい。
文句なしですね。
特に立ち居振る舞いや型となってくると、古典芸能の方たちには勝てませんよ。
とにかく美しい。

しかも、二人とも台詞は当然のことながら、間の取り方が絶妙。

激しく台詞を言い合った後で、一瞬ある「間」に引き込まれます。

歌舞伎も狂言も「声」が商売。

どうやって客をつかむ言葉を喋るかはもちろん、その言葉に影響を持たせるために、「間」が必要だって、身体でわかってる。

わかってて、何度も引き込まれる。
しかも、それがまったく自然に行われているのだから、もう、芸ですね~・・・。

この舞台を観るきっかけになった照明プランナーはASGの大島祐夫君。

最近はあまりご一緒してなかったのですが、二度ほど私の舞台を創ってもらいました。

初めて芝居で明かりを観させていただいて、しかも蜷川さんの舞台だったから、なんとなく嬉しくて・・・・。

でも、綺麗な明かりでした。

元々はっきりとした線や色を出す方でしたが、今回は極力色を押さえて、甘くなりそうな芝居に芯を作っていたと思います。

実は舞台セットは色目も含めてあんまり好きではなかったのですが、明かりにかなり助けられていたと思います。

シアターコクーンに入ったのは今日が初めて。
芝居にはちょうど良い広さと空間。

特に舞台の高さが好きな空間でした。

私はギャラリー席といって、舞台に対して横の面に座っていました。
まっすぐに見ると客席が全部見えます。

カーテンコールをやっている時、最初は舞台の役者さんたちに感動して拍手を送っていたのですが、ふと目の前を見たときに、その拍手をしているお客さまの姿が目に入りました。

絶対にこの客席を忘れないと思いました。

お客様一人一人が、本当に一生懸命手をたたいていました。
みんなの目が舞台の役者に釘付けで、沢山の手のひらが花びらみたいにひらひらしてました。
そのひらひらにあわせて、雨がトタン屋根を叩く様な音が小屋中に響いていました。

絶対にこの客席を忘れません。

自分の創った舞台の客席も、同じような雨音で一杯にしたい。
こんな風に舞台に一生懸命拍手をしてくださるお客様で客席を一杯にしたい。

ずっと客席を観ていました。

それも含めて、本当に良い芝居でありました。

こういう芝居を作りたいです。
今はこれが一番の夢です。
叶えます。絶対にね(^^)
by kuniko_maekawa | 2008-05-07 02:04 | 観劇日誌 | Comments(0)

オペラ・レッスンのこと、演出のこと、舞台や絵画や色んなことを書きまくっています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31