人気ブログランキング |
ブログトップ

言の葉のいずるよりも前にきみが好きだった

<   2018年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

オペラ・トレーナーとしての近況報告

2002年から本格的に始めたオペラ・トレーナー。

今年で16年目となりました。

最初は自分でも、誰を対象に声をかけていけば良いかわからず、とりあえず、研究生を終了した若者たちにチラシなどを配り、運よく興味を持ってくれた人たちと、3年くらいは定期的に表現を見つける作業をやっていました。

その後、某音大に5年ほど勤務して、スタッフ作業などから遠ざかっていた間に、なんとなく尻すぼみのようにクライアントさんからの依頼がなくなりました。

元々、若い歌い手さんばかりでしたから、役を創ると言う機会も多くなく、私自身も、「勉強を続けていないと、歌い手を続けている理由にならない」という、彼らにとっては切実であろう機会を提供するのに、興味が無くなってきたこともありました。

積極的に自己宣伝もしなくなっています。

「以上」を目指す気がなければ、必要ない職業でもありました。

ところが、2年ほど前から少しずつ、「大人」のクライアントさんからの依頼が入ってくるようになりました。

私からは特に何も投げかけをしたわけではないですが、人からの紹介や、以前来てくださっていた方が、コンサートをやるにあたり、改めて表現を見つけたいからと言うような、必要に応じた依頼です。

そして、彼女たちは、とても良く私を使ってくれています。

例えば、オペラ公演のために、役を創るとなった場合、その公演の立ち稽古初日に合わせて、楽譜を読み、実際に立ってみて、そして稽古初日を迎える。

その際、私に期待されていることは、演出家の要素です。

そのクライアントさんは、私からの演出を実際の演出家との立ち稽古の前に経験し、そして足るもの足らないものを導き出して、解釈を深めて本番に乗せていきます。

当然、私も演出するのと同じくらいか以上に準備して、彼女との時間に臨みます。

このやり方で、3本くらい彼女と役を創りました。

もう一人の方は、コンサートのために楽譜を読むことをやっています。

この方はフランスに4年間留学し、最終年には合唱団としての仕事もしていますから、フランス語に関しては、当然私から学ぶものはありませんが、得たいものは「詩」をどう歌い語るかと言う表現なので、歌詞を解釈していきます。

そして、最終的には、その解釈したものを、どうやって「語る」か、つまり、歌唱するかを彼女が考えるためのカードを創っています。

つまり、表現というものが、一つの楽曲に対して、いくつかパターンがあるということ。

その際、私に期待されていることは「知識と感性を刺激すること」。

彼女が表現するための感性を開くきっかけになる、知識や言葉の表現を、実際読んで聞かせることもあれば、語り続けることもあります。

その中で、彼女が感じるものを拾って、表現につなげていく。

今は、こんな感じの時間をクライアントさんと過ごしています。

私が今まで経験してきたこと。

そのすべてから、いわゆる感性トレーニングは成り立っています。

もちろん、私が感じることですから、偏りや相性はあります。

気に入った人だけが私を依頼するのも、トレーナーの醍醐味です。

この仕事が天職であり、適職だと本当に思います。

ここらで、宣伝もしておきたいところですが、それは神様にお任せします。

何もしなくても、必要な人に、私の扉は開かれていくからです。(^^)/

同時に私の扉も、私が必要としているところに開かれる。

今は、そのことが本当に正しいと思えているのです。



by kuniko_maekawa | 2018-03-25 21:37 | トレーナーのつぶやき | Comments(0)

本職って何?ということ

珍しく、月中にアップ(笑)

この2年くらい、ずっとFBに投稿してブログは放置状態でしたが、何となく今はブログに戻ってきている感じがする。

FBは、お友達限定で投稿しているので、結構きわどいことも書けるのですが、目にしている人が少ないのも物足りない時がる。
今日なんかはそんな感じ。

2012年以降、私はずっとスタッフの仕事をほとんどしていません。

去年はゼロだった(笑)

大学の非常勤をやっていたり、母の介護をやっていたり、特に活動を自粛していたわけではないですが、たぶん、今までの矜持炸裂な稽古作りとか、人や団体に迎合できない性格とかもあり、今や引退状態であります。

一時期やけになって「辞める」宣言をしたことも、要因であるかと思いますが、とにかくスタッフの仕事はしていない。

その代わり、好きで始めたリーディングは続いているので、そこは極めたいと思っていますが、仕事にはなっていない。

では、何で食ってるかというと、派遣社員と母の年金です(笑)

去年の12月に母を実家に戻して、事実上の介護生活が終わった時から、改めて派遣社員週5勤務を開始しましたが、いろんな理由があり、先々週に早期退職。

それと同時に、トレーナー・レッスンがお二人の方から入ってきて、それは継続されています。

こういう感じで、派遣やってちょこっとリーディングやって、レッスンやって、また派遣やって、という生活が、かれこれ5年くらいになりますが、この3月の派遣をやめた時、ふと「さて、本職に戻りますか」って声が聞こえてきた。

当たり前のように、そのころからまたレッスンが入ってきて、今も継続しています。

トレーナー・レッスンは、平たく言えば「舞台表現法を自分で見つける」ためのサポート業務で、今受けてくださっているクライアントさんも、4月本番のために、楽譜を読み、役を創り、実際に表現するために必要なことを探しています。

私が出来ること。

オペラ演出家、演出助手。
これがスタッフの中では私の専門職。30年近くやってきました。自分で報酬も査定し、ある程度のレベル金額をもらえる仕事。

制作助手、ステージマネージャー、舞台監督助手、各種キュー出し、etc・・・・
こちらはスタッフの中で、私ができる仕事。やればもちろん、報酬が付く、副職のような仕事。

オペラ・トレーナー。
これも、私の専門職。そういえば、やり始めて15年を超えました。舞台表現をするにあたり、必要なことをクライアントさんを主にサポートしていきます。
出来ることは多岐に渡るので、強いて言えばかなりの専門知識と経験がある今だからこそ、出来る仕事。その内容に合わせての報酬を毎度頂くお仕事。

そして、リーディング・パフォーマー。
これは一番新しい、私の可能性を示す分野。専門職ではありますが、今は依頼され、報酬をいただくというまでは成長していない。
・・・ので、仕事というより、天職。つまり、神様からのお仕事(笑)

これらを総括して、「創作仕事」と呼んでますが、「生活仕事」としてやっているのが、派遣仕事です。
派遣会社と契約をして、企業に出向し、時間給を貰う。職種は専門で無くともOK(笑)

列挙すると、いろいろやってんな~って結構感心する(笑)
きちんと整理できるし。

これを読むとお分かりのように、私の本職は「オペラ演出家、演出助手、」そして「オペラ・トレーナー」。
きちんと報酬が伴う専門職だからです。

で、頭に戻って(笑)、3月で派遣仕事辞めた時、私に聞こえた「さて、本職に戻りますか」って声の「本職」は上記の部分に当てはまります。

ってことを、今週に入ってからのある方のレッスンで認識した。

その方は、今現在、一番上手に私の能力を使っているクライアントさんでありますが、さもありなん。

今まで、頭で考えていた「お金」のことが、今はすっかり抜け落ちていて、「足らないから稼ぐ」という観念が無くなっています。
裕福になったからではなく、そもそも「本職」が何かわかってなかったから、それで稼ぐという理念がなかった。

やっと自分の中でつながったものが見えた。

さて、本職に戻りますか(^^♪

私のレッスンは、結構「お墨付き」です(笑)

そして私の舞台演出は、誰しもが付いてこれるような物ではない、プレミアムな稽古場体験ができます。間違いなく('◇')ゞ
ただ、付いてこれる人限定なので、仕事にならないですけども(わ~、これ、自分で書いてウケたww)

てなわけで、今日は勉強します。
本職も磨いてないと、ただのメッキですから。

2018年は、結構良い年なのかもしれません。
楽しく、そして、祈りとともに・・・・
e0022232_11490849.jpg
e0022232_11490849.jpg

by kuniko_maekawa | 2018-03-22 11:53 | 心のつぶやき | Comments(0)

3月は、派遣と胃痛とストーカー・・・

早いもので、3月になってすでに13日。

気温も上がって、着実に季節が進んでますね(^^)/

2月から、「普段通りの生活を」、ということで、派遣社員を開始しました。

自宅から近いところで、駅から勤務先まで歩くにしても、ドアツードアで約40分。

仕事も地味で私好みではありましたが、問題が多々・・・

おかげで、久しぶりに胃腸炎勃発。

一つは、一緒の勤務をしている派遣同僚に付きまとわれて、精神的に折れたこと。

もう一つは、よくあるSVや管理者からの過度の期待を受けて、結局仕事場のチーフみたいな雰囲気?でいつも仕事をしていること。

それらが合わさって、3月に入ってから、胃が痛いわ、頭が痛いわ・・・
昨日も、夜中に頭痛がひどくて寝られず、今朝起きたら胃が痛くて撃沈。

朝から一口も口に入れてないです・・・・。

仕事内容は別に嫌いじゃないし、通いやすいし、いいんだけどね~。

母を実家に戻して、自分だけの生活をやっと取り戻したかと思いきや、いつもいつも、かかわってくる人や物事に翻弄される感じ(^^;)

ほんとだったら、3月11日、ロンドンでリーディング・パフォーマンスをしているはずだった。

やんごとなき理由で延期になりました。

もちろん、その理由は納得してるし、しょうがないことだと思ってますが、同僚派遣社員のストーキングとか、職場の管理のずさんさで結局祭り上げられていることかで、胃を痛くしてるはずじゃなかったと思うと、落ち込む。

もちろん、リーディングは続いているのですが、気持ちが向かないよね。

同僚社員は、最初は話したかったらしくて、自己紹介をしてきて、そのあと「MACのシステム使ってるからWINのシステムがわからない」から始まって、休憩の時も、お昼ご飯の時も、仕事を新しく教えてもらったとか言うことさえ、一々報告してくるべったりぶり。

そして、次の仕事の日に、いきなり私をあだ名で呼ぼうとする幼稚さ。

その呼び方は嫌いだというと、「じゃあ、なんて呼べばいいの?」

普通に呼べ。

どう考えても、40代か、50代のおっさんがやることじゃない。
でも、そいつは、その幼稚さで社会生活まともにできなかったんだろうと思われることを、その後たくさんやってくれました。うんざり・・・(--)

同じ駅で降りるので、買い物したり、自転車置き場でも姿を見るし、それだけでも被害にあってると思いますよ、ほんとに。
大体、女房持ちのくせに、なんで付きまとうんだ!

家に帰れば幸せな時間があるってことも、頭にくる~!

2年くらい前に私を貶めた、新興宗教自称音楽家も結局自分と同じレベルの低い女房もらって、幸せにやってるわね。
パワハラしてくる奴らは、思い通りにならないやつに固執するってこと。

しかし、そんなことで私生活が脅かされるのは割に合わないので、まったく無視をしてますが、なんだってこんなことに巻き込まれているのか・・・

職場は職場で、ちょっと仕事に問題が起こった時に、管理者にどうすれば良いのかを話したらば、「自分で考えてやれ」

おいおい、普通オペレーターはSV指示でしか動けないんだぜ!

そしたら、後々そう言ったことを謝ってきて、「前川さんは、管理者の中でしっかりしてるという暗黙の了解があるから」

「暗黙の了解」ってなんだよ!
もちろん、異議を唱え、派遣の営業にも言いました。

でも、ほんとに、そんなことに自分の才能使いたくないんだって~(@@)

それでも神様は扉を開かれない。

母の遠距離介護は、ありがたいことに普段は手を離すことができていますが、それでも、2か月に一回くらいは帰らないと、もろもろの処理がある。

いつになったら、本当に心に叶った日々が取り戻されるのか・・・・

私、そんなに矜持が強かったのかな。

才能に誇りを持つことが、そんなにうざかったり、怖かったりしたのかな。

周りが付いてこれないくらいの誇りを持っていることが、そんなにいけないことだったんだろうか。

・・・・・考えるのはやめよう。
胃が痛いわ・・・・

4月にはまた下関へ帰ります。

何も考えないで、創作だけしてける生活が本当に望みですよ、神様。

今日も祈りつつ。。。。

by kuniko_maekawa | 2018-03-13 11:00 | 心のつぶやき | Comments(0)

オペラ・レッスンのこと、演出のこと、舞台や絵画や色んなことを書きまくっています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31